港区の檜町公園で会っていたまどかと龍之介の前に小春が現れた!

 


スポンサーリンク


 

龍之介にハレ婚での再婚を迫られれ、泣きながら立ち去ろうとするまどかに

小春
「逃げてんじゃねーよ。

ハレ婚するつもりならまだわかる。

でも独り占めしよーって魂胆なら、許さない!

この指輪の重みに耐えられないなら、コソコソ会ってんじゃねーよ!

そんくらいのルール・・・

アンタなら十分わかってるでしょ。

どーゆうつもりなの?

まどか。」

 

まどかは小春を睨みつけて

「あら・・・

見てたの・・?

フッ

本当にのこのこ来るなんて・・

相変わらず単純なのね。」

 

小春はそりゃ来るよ。

と言いながらスマホを見せる。

まどかが龍之介に送ったメッセージを小春も見ていた。

 


スポンサーリンク


まどかは小春を相変わらず成長していないという。

しかし図太さは増した。

夫が他の女に入れ込んでいるのを見て何も感じないとはさすがハレ婚の嫁。

どうかしてるわ。

 

小春がまどかににじり寄る。

睨み合う二人。

 

掴みあいになりそうなので龍之介が割って入る。

すると今度は小春の矛先は龍之介に向かう。

全ての元凶はお前。

プロポーズがふざけている。

ロマンの欠片もない。

メガネを取れ!

髪を切れ!

不倫すんな!!

 

そんなやり取りをしていると、まどかがすっと立ち去ろうとした。

小春がまどかを呼び止める!

まだ話の途中!

そう言ってまどかの左腕を掴んだ小春。

まどかが右手に包丁を持っているのが見えた!

のだが、それは気のせい。

それ位まどかがさっ気立っていたのだ!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク