現を失った涙は、無力でいることを拒絶する・・・

 

 


スポンサーリンク


 

回想・・

子供の頃から、涙にはみんなの間に境界線があった。

それは、皆と同じ様に戦う事が出来ないと隔たり。

「お主は戦う事はまかり成らぬ。」

ずっとそう言われて育った。

 

肉体を鍛え、技に研鑽を重ねるは忍のたしなみ。

しかし忍の極意は、戦う事に非ず。

唯々お役目を果たすこと。

その為に涙は無力でなければならなかった。

そして喰われる・・

その時こそ、涙の忍法は花開く。

猛毒の花となって。

 

 


「もう嫌だ。

もう・・・たくさん。


スポンサーリンク


もう・・無力でいるなんて御免だ。」

 

涙は遂に

忍法 ” 胡蝶 ”

を使う!

それは猛毒の蝶を無数に舞わせて相手を攻撃するもの。

 

しかし響には当然無効。

どんな能力も無効化する響の盾眼術。

蝶は響に届くことはなく、次々に畳に落ちて消えてゆく。

 

涙は、子供の頃楽しく遊んだ響を思い出す。

しかしその響が冷酷な目つきで涙を見下ろし、刀を振りかぶる。

 


「響ちゃんがもう・・・

響ちゃんじゃないってこと、わかってるよ。

だから・・・」

 

その時ふすまが開いて滑婆が飛び込んできた!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク