北鎌倉で恋は若菜という友達を連れて駅を歩いている。

恋は若菜をカナタで釣ってカナタの父親捜しを手伝わせているのだ。

 


スポンサーリンク


 

鎌倉でのカナタの父親捜しの唯一の手掛かりは若い頃の両親が写っている例の1枚の写真。

どこかの神社の境内で撮影したもののようだが・・・

この写真の右側に映り込んでいる近代的なビルをを探していると、恋は若菜に説明する。

 

若菜は、特徴のない建物だから北鎌倉じゃないのではと話す。

 

カナタが来ると聞いて若菜は恋に付き合っているのだが、肝心のカナタがいない。

用事があると言って朝から出かけてしまったらしい。

 

鎌倉市内の神社を歩き回る恋と若菜。

ある神社で二人はお参りする。

 

恋の願いは

カナタの希望が叶いますように。

 

若菜はずっとブツブツお願いしている。

イケメンの彼氏に出会うために心を込めてお願いしているのだ。

 

鎌倉駅に来た二人。

休日の鎌倉は人が多い。


スポンサーリンク


腕を組んで歩いているカップルに目が行ってしまう恋。

(相思相愛のカップルですってわざわざアピールしながら歩くのはどうなの?

彼氏ができるとみんなあんな風になっちゃうものなの?

恋はいや!

チラッと顔見たけどカナタの足元にも及ばないし・・・

なによ。

だからぜんぜんちっともうらやましくないのだ・・)

 

ものすごくうらやましいくせに、かなり屈折している17歳、西園寺恋。

 

2人は喉が渇いたので喫茶店で休むことに。

そこは以前恋がカナタとは言った店。

 

すると、中に入ってビックリ!

カナタがウェイターとして出迎えてくれた!

 

若菜はカナタのカッコ良さに気絶しそうなくらいショックを受けている。

 

カナタにこんなとこでなにやってんの?と聞く恋。

カナタは、見ての通りバイトを始めましたとこたえる。

仕事中のなのプライベートトークは止めて下さいという真面目なカナタ。

「ご注文は?

ミスサイオンジ。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク