2ページ目

 

 

アンドリューは明らかに気がふれている。

全員抹消する・・

さつ処分だ

とずっと呟いている。

 


スポンサーリンク


 

アンドリューは周囲の子供たちにも気づいた!

ザックに向けて発砲!

ザックは木の影で銃弾を避けた。

 

アンドリューが怒り狂う!

「どいつもこいつも図に乗りやがって

くそがくそがくそがァッ

奴らのエサの分際でェ!

食用生物の分際でェ!!

跪けと言ってるだろうがブタ共がァッ!!」

 

アンドリューは倒れているドミニクの背中を踏みつけた!!

痛みで叫ぶドミニク!!

 

見ていられないエマは銃を拾って構える!!

 
続けてジリアン、レイたちも銃を構える。

 

しかしアンドリューは余裕の笑み。

エマたちは人間を撃てないと確信している。

 

アンドリューはフィルに聞いてエマたちのことを知っていた。

君たちは優しく、家族思い。

揃いも揃って愚かしいほどに。

そう言ってアンドリューは不気味に笑う。

 

アンドリューはドミニク、アリシアと一緒にいた他の三人を簡単に撃ちころしたと言う。

彼らは人間(アンドリュー)を撃てなかったのだ。

 

アンドリュー
「同じ人間 同じ痛み

ころせば命は決して戻らない。

色々と想像したのだろうなァ

全く、笑えるほどに馬鹿ばかりだ。」

 

アンドリューはルーカスとユウゴのことも話す。

「しんだよ。」

 


スポンサーリンク


その言葉でショックを受けるエマたち。

 

アンドリューは、あの二人は強かったと話す。

驚くほどに。

しかし、お互いをいたわり、かばい合う事で我々に追い詰められ、挙句我々を道づれに爆ししやがった。

しかし、私はこの通り生きている。

馬鹿どもはしに損だ。

アンドリューはそういって高笑い。

 

アンドリュー
「お前らをひっしに守る為、わざわざ宣戦布告して自分たちを的にしたのになァ

足ひきずってはらわた潰れて蜂の巣にサレても戦ったのに!!

転は私の味方なのだ!!」

そう言ってまた高笑い。

 

エマはアンドリューに向けて銃を構え直す。

しかしアンドリューは

「撃てないよ。」

と笑う。

なぜなら、自分は人間で、尚且つ

撃てばガキも撃ちころすから。

「君に、君たちに選択肢はない。

仲良く全員であの世へ行くんだ

さぁ!」

 

パァン

 

夜の森に銃声がこだました。

 

——111話ここまで。

約束のネバーランド 111話に続く

 

〇感想

最後の銃声は多分レイか、オリバーか・・・

その辺がアンドリューの頭撃ち抜いたんじゃないでしょうか。

そうであってほしいという願いも込めて・・・

アンドリューは銃の引き金に指をかけていただけなので頭を撃てばアリシアは助かるんじゃないでしょうか。

 

それにしてもアンドリューが不気味でした・・・

顔半分が焼けただれて飛び出た目を上に向けて高笑いするところとか

夢に出てきそう・・
 


スポンサーリンク