新シリーズスタート!!

 

 


スポンサーリンク


 

前回最後で、ペルソナからの紹介状を持って、里帰り出産する妊婦さんが四宮のいる病院を訪れた。

今回はそこに至るいきさつ。

 

妊婦さんの名前は田島サエ。

現在12週。

実家の母親が電話で早く帰ってこいと言っている。

「サエは乳がんだったんだから。」

 

 

休憩室でサクラとゴローがサエさんについて話す。

・サエさんは3年前に乳がんの手術をした。

・2年間はホルモン治療をしていた。

・乳がんの治療は人それぞれで、細かくオーダーメイドで決定する。

・手術、放射線治療、抗がん剤治療をその人に適した組み合わせで行う。

・彼女の乳がんは、初期治療として行った手術で全てきり取れた。

・切除したがん組織を調べると、女性ホルモンのエストロゲンに感受性のあるがんだった。

・感受性のあるがん細胞は、エストロゲンを栄養として大きくなる性質がある。

・それで彼女の場合、女性ホルモンを抑える薬を投与するホルモン治療だけ行っていた。


スポンサーリンク


・ホルモン治療は5年間行う予定で進められていた。

・手術は3年前なので後2年あるが・・・
サエさんは現在38歳。
ホルモン治療が終わる前にどうしても子供が欲しかったらしい。

・それで、乳腺外科の医師とご主人とで話し合って、2年間でホルモン治療を一旦ストップして妊娠にトライした。

・ホルモン治療を一旦終了して半年たってからの妊娠は問題ない。

・妊娠はホルモン治療後2か月以上空けることが条件

 

 

サエさんの所に、お母さんからまたラインが来た。

内容は同じく、

” 早く帰って来なさい ”

 

サエさんも34週までは東京にいたいらしい。

夫のシュンは里帰り出産そのものに疑問を持っている。

理由は

・サエが普通の妊婦ではないという事

・妊娠中に急に体調が悪くなるかもしれない

・東京にいれば乳腺外科の先生にもすぐに診てもらえる

 

サエさん自身は実家で産みたいという。

お産の時も安心だし、産後も楽だから。

 

お母さんはシュンを説得しろと言ってきている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク