九月場所5日目

鬼丸が大関・金鎧山に勝利!!

満員の国技館は大歓声に包まれる!

 


スポンサーリンク


 

國崎もレイナも堀ちゃんも嬉しそう!

鬼丸はこれで3勝2敗。

決まりては下手投げ。

 

金鎧山は肩で息をする鬼丸の背中をポンと叩いてから土俵を降りる。

 

土俵下で二人の取り組みを見ていた童子切

(足取りに八艘飛びか・・

どちらも身軽な小兵に向いた技。

今までの鬼丸にはなかった選択肢。

そして鬼車・・

またも不完全ではあったが、流れの中で繰り出せば本気の金関も投げられる。

何にせよ、鬼丸への対策は練り直さなあかんな・・・

俺らの知っとる鬼丸とは違うと思った方が良さそうや。)

 

草薙も何か考えている・・・

 

支度部屋に戻る途中、金鎧山は刃皇に

「楽しかったかい?」

と声をかけられた。

 

負けてるんだから楽しいわけないでしょう。

と答える金鎧山。

 

部屋の後輩から、子供が生まれたことを知らされた金鎧山。

今日の勝負を悔やむ。

尚のこと勝たなければならなかった。

もう間違えない。

次こそは格好いい父であろう。

そう決意する。

 

金鎧山が何より悔しかったのは、鬼丸の相撲に一瞬見とれてしまった事。

「負けてられないな・・・

鬼丸国綱・・・か。」

 

金鎧山の様子を見て刃皇はニヤリと笑う。


スポンサーリンク


 

レイナがぐったりしている。

堀ちゃんが大丈夫ですかと声をかける。

相撲が長かったのもあるが、鬼丸の相撲を見ているとかなり疲れるのだという。

自分が鬼丸に無理をさせているのではないかと気にしている。

 

鬼丸のインタビューが始まった。

堀ちゃんのタブレットで二人で見る。

 

ケガによる長期休場を乗り越えての大関からの初勝利について感想を聞かれる。

まだ肩で息をしている鬼丸。

頭があまり働いていないようで、金関は強かった。

人としても尊敬している・・・

と思ったままを切れ切れに話す。

アナウンサーから金鎧山に子供が生まれたことを知らされて、祝福する。

 

最後にテレビの前のファンに一言と振られて・・

鬼丸
「応援ありがとうございます。

駿海さん・・

見てますか・・・

レイナ・・・

愛してるぞ・・・」

 

レイナは思わず吹き出してしまう。

そして鬼丸は

「お前と共に、この先も歩んでいきたい・・・

九月場所が終わったら結婚しよう。」

と公共の電波を使ってプロポーズ!!

レイナはさらに真っ赤になって慌てる。

 

テレビの前の國崎はウケているが、おかみさんは心配する。

あんなこと言っちゃって大丈夫?

 

レイナの携帯にはお父さんからの着信・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク