7月14日

府中市民球場では稲城実業対沢大二高の試合が始まろうとしていた。

明らかに格下の相手だが、エース・成宮が先発。

一分の隙も与えない、王者の戦う姿勢。

それだけ初戦は大事という事か。

 


スポンサーリンク


 

多田野
(いよいよですね・・

鳴さん!)

 

カルロス
「ここからは一本道だぜ。」

白河
「蹴散らせ!」

 

沢大のトップバッターも気合十分!

 

成宮、振りかぶる

(そんなさぁ・・・

一矢報いるみたいな顔しても無駄だよ。

今年の夏は

俺たちのもんだから。)

 

5日に開幕した西東京大会。

第3シードの稲実は沢大二高を圧倒。

12-0で5回コールド!!

 

去年の甲子園準優勝。

秋大会でのまさかの敗退を経て、春の都大会、関東大会と優勝。

世代最強と言われる成宮にとって、どのような夏になるか。

 

明日はいよいよ青道が3回戦に出場。

 

食堂で稲実の試合を観戦していた青道のメンバー。


スポンサーリンク


渡辺から報告。

市大三、成孔、薬師がそれぞれ順当に勝ち上がった。

 

全員顔が引きしまる!

 

前園が叫ぶ!

「おっしゃあ!

次は俺らの番やな!

やってやろうやないか!!」

 

監督
「明日は7時には球場入りして、向こうで身体を動かす。

早めに休んで明日に備えるように。」

「はい!」

 

沢村は相変わらず気合入りまくり!

そんな沢村を見てみんなが声をかける。

川上
「沢村、風呂はリラックスできるからしっかり浸かれよ。」

白州
「寝る前のホットミルクもいいよな。」

小野
「冷たいもの飲みすぎるなよ。」

 

他にも

マッサージしてやろうか?

めぐリズムいいぞー

ストレッチもな!

 

挙句の果てには、御幸がアイマスクを貸してやろうかと言ってくれた。

沢村は

あんたそれ何個持ってんだよ!

とツッコむ。

しかも面白いヤツ(ガチャピンの目が描いてある)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク