第79回新虹社文藝大賞授賞式会場。

華は緊張しながら桃源先生のファンであることを伝えて挨拶する。

すると桃源先生の様子がおかしくなる。

榊華という名前に憶えがある様子。

榊の字が木へんに神だと分かると先生は華を抱きしめた!!

 


スポンサーリンク


 

華が抱きしめられて戸惑っていると、桃源先生がハッと我に返る。

そして華の目をじっと見る。

桃源先生の様子はやっぱりおかしい・・・

 

そして桃源先生は華に謝り、

体調が悪いといって帰って行った。

 

顔を見合わせる夏生と華。

 

 

翌日、夏生が桃源先生の家を訪れる。

鍵がかかっていないので勝手に上がる。

呼びかけても返事がない。

 

家の中は相変わらず散らかり放題。

年末に夏生が奇麗にしたのだが・・

足の踏み場がないので落ちている段ボールを踏みつけて歩いていると・・

 

ぐにゃっとなった!

 

何と桃源先生は段ボールにくるまって寝ていたのだ!!


スポンサーリンク


酔っぱらって寝落ちしたらしい・・・

 

桃源先生にお茶を出して、夏生は昨日の授賞式での事を聞く。

先生はやっぱり華先輩のことを知っていたのでは?

 

先生は人違いだと否定するが、

夏生は続ける。

名前の漢字まで確認していた。

 

それでも先生はお前にゃ関係ないといって話そうとしない。

 

夏生は関係なくないという。

「二人のこと知ってるからってだけじゃなくて、

あの時の先生は今まで見たことない、何か言いたそうな、すごく寂しそうな顔に見えたから。

なんか心配で・・・

俺に何か力になれることないかなって・・・」

 

桃源先生はやっと話し始めてくれた。

「会ったことはない。

名前を聞いたとき、心臓が止まるかと思った。

あれは俺の娘だ。」

 

驚く夏生。

 

桃源先生は続ける。

「血縁上はな。

こんなでも、昔は妻子がいたんだよ。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク