前回まで

老山アナの元旦那、鉄至が撮影した若い頃の印西のピッチング動画を夏之介は繰り返し見る。

感じたのは、元キャッチャーだと言う鉄至の目の確かさ。

娘の恵もその血を受け継いでいるのだ。

二軍に落ちた夏之介も、若い頃の印西がやっていた2段モーションを試してみる。

休日、夏之介は変装して金太郎を遊園地に連れて行く。

するとそこにで老山恵に出くわした!!

 


スポンサーリンク


 

 

30話ネタバレ

 

 

恵を見ても最初は思い出せなかった金ちゃんも、ようやくお姉ちゃんを思い出した。

聞いていた親切なお姉ちゃんが恵だと知って夏之介は驚く。

 

金太郎に会えて大感激の恵は欽太郎にほおずり。

金太郎も嬉しそう。

 

恵はいつもの変な関西弁で遊園地を案内してくれる。

恵はまだ夏之介に気づいていない。

 

3人で観覧車に乗る。

金太郎と恵ははしゃぐはしゃぐ!

恵も観覧車に乗るのは初めてだと言う。

お母さんはいつも忙しいから仕方ない。

 

ここで夏之介は変装を解く。

夏之介と金太郎が親子だと知ってびっくり仰天の恵。

この間の金太郎のお母さんが凡のニョーボだと知ってがっくりくる恵。

弟のように思っていた金太郎が凡の家族の一員という事急によその子と感じられたようだ。

 

夏之介は恵のお父さんが撮ったビデオでフォームを改造中であることを話す。

姿は映ってないけど、恵のお父さんの声を毎日聞いている・・

 

しかし恵はとうちゃんに会ったことがないと言う。


スポンサーリンク


恵が生まれて来る2週間前に、取材先で亡くなったとのこと。

 

そのことを聞いて愕然とする夏之介。

印西にアドバイスするあの声の人は・・

自分の子供に会えずに死んでいった。

こんなかわいい娘に会う事もなく・・・

 

観覧車を降りてからも恵の父親のことが頭から離れない夏之介。

恵をひょいと肩に乗せる。

野球選手は子供を抱っこしない方がいいのだが、今はそうしたいと言う。

 

夏之介は心の中で、恵の成長を鉄至に報告する。

夏之介は鉄至の身を自分に置き換えて涙する。

自分がもし金太郎が生まれる前に死んでしまったら・・・

そう考えると夏之介の涙は止まらなくなるのだった。

 

恵は夏之介が自分のために泣いているのだと知って、

こうしてると凡がホンマもんの父ちゃんみたいだと言って夏之介の頭を抱きしめる。

そうなると金太郎とは本当の姉弟だと言ってはしゃぐ。

 

夏之介はもう一方の肩に金太郎を乗せて

今日だけは本当の姉弟だという。

 

3人楽しく親子の会話を楽しんだ・・・

 

——30話ここまで。

グラゼニ パ・リーグ編 31話に続く

 

〇感想

 

夏之介は、もし家族と離れ離れになってしまったら・・・

をモチベーションを上げるきっかけにしていたことがあったので余計に感情移入しちゃったんでしょうね・・

恵も前から、夏之介に父親の影を求めていたからホントにうれしそうでした。

しかも大好きな欽ちゃんと姉弟になれてよかった!

血は繋がってなくても姉弟だ!!

これからもいい関係が続くといいですね。

 

 


スポンサーリンク