ヒロアカ ネタバレ 211話

  

前回、B組との試合中にデクの右腕に異変が起こった!

黒いものがデクの右腕から出てきた!!

 


スポンサーリンク


 

今回は冒頭、物間と心操の試合前の会話から。

物間が心操に話す。

子供の頃から、その個性ではスーパーヒーローにはなれないと言われてきた。

一人では何もできないヒーローはヒーローじゃないと。

 

心操は、何の話か分からない。

 

「出来ないことを知ってるってはなしさ。」

と物間は続ける。

物間は心操を気に入っているという。

清濁併せのまなきゃ生き残れないという点では同じタイプ。

 

心操は嫌だというが、それが事実。

 

物間は

体育祭でデクを洗脳した時にどうやって口を開かせたのかを心操に聞く。

 

心操は

「どんな奴か知らなかったから、クラスメイトを貶した。」

と答える。

 

物間
「僕らはヒーローになる為にヒーローらしからぬ立ち回りをしなきゃならない。

でなきゃ何でもできる力には敵わない。


スポンサーリンク


憧れとは似ても似つかない。

こんな感覚ない?

幼い頃に描いた夢や希望が段々重荷になっていく

まるで呪いのように。」

 

 

そして現在試合中。

デクの右腕から出る黒いものがさらに力を増してデク自身コントロールできない状態になって来た!

 

これを見た物間は

またデクの成長かと思い、妬む。

 

しかしデクの様子が尋常じゃない。

完全に制御不能に陥っている!

黒いものが周囲を攻撃し始めた!!

物間にも逃げるように言うデク。

 

A組の仲間もデクの新技かと見ている。

 

心操がデクに近寄るが、デクは心操にも逃げるように言う。

「力が・・抑えられない!溢れる・・!!」

 

デクの右腕から出ている黒いものは、やや遠くにいるお茶子たちも攻撃し始めた!!

間一髪で避けるお茶子たち。

 

お茶子は、デクが自分の右腕から出る黒いものに引っ張りまわされているのを見て事態をある程度認識したようだ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク