西東京都大会

青道 6-2 由良総合

 


スポンサーリンク


 

6回表由良の攻撃。

川上の好投が続いている。

丁寧に低めを突く投球でこの回も無失点。

つけ入る隙を与えない!

 

チームの雰囲気が良くなってきた!

みんなが川上にナイスピッチと声をかける。

 

アップをしていた金田と降谷は一旦ベンチに戻る。

 

戻って来た川上に沢村がドリンクを差し出して声をかける。

「ノリ先輩ナイスピッチ!」

 

川上はクリーンナップの振りが鋭いというと、沢村は

特に4番の前にはランナー貯めたくないですねと返す。

 

川上
「いつ何を仕掛けてくるか油断できないチームだからな。」


スポンサーリンク


 

6回裏、由良は2年の大須をマウンドに送る。

速球とフォークが武器だが、速球の球威はエースの東山ほどではない。

 

前園
「ここで叩けば向こうはもう打つ手なしやで。」

 

あと4回!

一気にいきたい青道!

 

先頭バッターは川上。

 

青道ベンチは皆声を出していい雰囲気!

御幸は監督とずっと話している。

 

沢村は御幸に

エース一人じゃねえぞ。

チーム背負ってんのは。

と言われたのを思い出す。

 

今日を一からやり直したい・・・

 

沢村はその思いでマウンドを見つめる。

奥村がそんな沢村の横顔を見る。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク