ビッグマムは海岸に漂着してチョッパーたちに拾われたが・・・

子供たちは船にいた。

ペロスペロー、ダイフク、スムージー、モンドール、エフィレ、フランペ、ガレット、ブロワイエ他・・

滝から落ちて船(クイーン・ママ・シャンテ号)が転覆しなかっただけでも奇跡。

 


スポンサーリンク


 

一番年長のペロスペローが中心になって話し合いをする。

ママが落ちたのは海の上。

キングの空の守りがあってはもう近づけない。

しかしママのビブルカードは無事。

これも奇跡に近い。

が、能力者がおぼれた以上、無事ではない。

敵に引き上げられて捕まっているというのが濃厚。

万が一陸に打ち上げられたとしても敵地なのでやがて捕まる。

2人が元仲間とはいえ、今は敵同士。

恐らく命は取られてしまう。

ペロスペローはビッグマム海賊団改めペロスペロー海賊団などと言っている。

しかしそれはダメだとダイフクが反対する。

次期船長はカタクリ!

ペロスペローは年功序列だと言う。

 

この会話を聞いてスムージーが怒る。

「勝手にママを殺すな!!」

ママは必ず帰ってくる。

ママを常識で計ってはならない!

 

 

そのころ、ビッグマムを連れて兎丼に向かっているお玉は師匠の天狗にスマートタニシ(ワノ国の電伝虫)で連絡を入れていた。

兎丼に向かうと聞いて師匠の天狗山飛徹は激怒!

すぐに戻れと怒鳴る。

しかも同行しているモモの助のことは錦えもんから護衛を頼まれている。


スポンサーリンク


 

お菊が電話に出て、自分もついているからと許可を求めるが、飛徹は戻ってこいの一点張り。

埒が明かないのでお菊は電話を切る。

 

お玉たち一行はビッグマムがぶん殴って手なずけたワニガメに乗って移動中。

チョッパーはビッグマムのしゃべる帽子がずっと黙っているのが不思議。

 

お菊が皆にワノ国のおおざっぱな地図を見せる。

大まかに6つに分かれていて、それぞれ大きな川で区切られている。

土地土地で気候も違う。

向かっている兎丼は九里の隣の区画にある。

なので川は越えなくてはならない。

 

モモの助が素振りをして

「スナッチ!」

という掛け声を出すとお菊が反応。

モモの助はゾロから教わったと言うが・・・

お菊は九里の古い方言で同じ様な掛け声があって、モモの助が使うにふさわしい意味ではないので禁止すると言う。

 

ワノ国の鈴後(りんご)にある北の墓場。

ロビンやカン十郎、しのぶとナミとブルックがオロチ城から逃げて来ていた。

 

しのぶは狂死郎のことは知らないと話す。

 

カン十郎

「20年前にワノ国のヤクザの親分と言えば花のヒョウ五郎一択でござった。」

 

おトコは遊郭に届けて来たらしい。

将軍もまさか子供を追い回すような真似はしないだろうから。

 

ナミが確認がてら町のお風呂屋に行こうと提案する。

オロチの手下に見つからないように変装しなくてはならないが。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク