元祖小さな巨人と話せた日向。

もうバレーをやっていないと聞いてもあまりがっかりしなかったのは日向自身も不思議だった。

それを聞いた影山

「やっとかよ。」

 


スポンサーリンク


 

小さな巨人の名前は宇内天満(うだいてんま)

鴎台にも160センチ台がいると知って驚く。

「小さな巨人対決じゃないですか!」

 

一緒にいる月島兄がMBの日向とはポジションは違うけどと説明。

天満は日向がMBと聞いてまた驚く。

 

月島が日向に兄と一緒にいるのは小さな巨人じゃないかと確認。

日向は よく気づいたな とうれしそう。

 

星海光来がみんな自分をチビとバカにしなくなったと言って不満げ。

馬鹿にするやつを痛い目に会わせるのが好きなのだが・・・

全国の準々決勝まで来てちいさいからと言って舐める奴はいない。

 

そういう事なら俺に言え

と現れたのは同じチームの白馬芽生 203センチの2年。

「小さい生き物より

大きい生き物の方が絶対的に優れている!!」

 

しかし星海は無反応。

何度も同じことを言われて飽きてしまったのだ。


スポンサーリンク


 

その様子を見ていた日向。

初日にぶつかって気づきもしなかった奴だと思い出した!

月島は日向が小さすぎて見えなかったんだから仕方がないとバカにする。

 

武田は烏養に鴎台について聞いたことを思い出した。

今の所最高が今年のIHベスト8

注目されるのは星海と2メートルの白馬だが強さの要因は二人だけではない。

数年前に今の監督に代わってからブロックとサーブに力を入れ始めて強くなった。

 

いよいよ試合が始まる。

両者整列して挨拶!

鴎台は長野県代表で3年連続15回目の出場

 

 

滝ノ上電器店のテレビで春校バレーのライブ中継をやっている。

通りかかった日向のクラスメート二人が立ち止まる。

2人は自分の学校のバレー部が全国に出ている事も知らなかった。

もしかしたら1年の日向もチラッと映るかもなどと言いながら見ていると・・・

ポイントゲッターの要注目選手として日向のアップが映し出されてびっくり!!

日向が試合に出ると言ったのは本当だったのだ!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク