リルとチャーミーの戦いはまだまだ続く!

 


スポンサーリンク


 

リルの人間への恨みは消えないし、

食べ物を粗末にされたチャーミーの怒りはすさまじく

ビタミンの分、ミネラルの分、食物繊維の分も攻撃!

とにかくメチャクチャになってしまったので、

リルのことはチャーミーパイセンに任せてアスタとミモザは先に進む。

 

 

ファナと戦っているノエル。

どんだけファナを攻撃しても再生してしまう・・・

 

今度はファナがノエルに攻撃を仕掛ける!

「そろそろアナタにも灰になってもらうね・・・!」

 

ノエルはここでアスタが現れて欲しいと願うが・・・

現れたのは翠緑の蟷螂の団長、ジャック・ザリッパー!

ファナを見て切り裂き甲斐がありそうと言って舌なめずり!

 

アスタに現れて欲しかったノエルは

「なんでアナタなのよぉぉぉ~!!」

とぶちぎれる!

 

 

アスタとミモザが進んだ先には・・・

ダヴィド(ハヴァル)が倒れていた。


スポンサーリンク


 

ミモザはそこに魔力の残滓が漂っているのを感じる。

その感じは・・・

人間のものでもエルフのものでもない。

ミモザにもわからない。

 

ミモザはもう一度魔花の道標を出す。

すると、一番強い魔力の下に台座らしきものがある空間が増えている。

そこにエルフが3人。

そこにユノの魔力も感じる!

アスタたちはそこへ向かう!

 

 

影の王宮に入ったユノは

ライアとパトリ、そしてライアがロンネと呼ぶ前髪で目を隠した怪しげな男と向き合っていた!

 

ライアは

迎えに行かせた者たちを返り討ちにされたけど無事に辿り着いてくれてよかったといい、

パトリは今こそユノが持っている魔石を渡してもらうという。

ロンネは何かボソボソ言っているが声が小さくて聞こえない。

 

ユノは最後の魔石を持っている。

パトリ
(これで・・・

やっとすべてが還ってくる・・・!!

僕らの未来も・・・

リヒトさんの笑顔も!!)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク