ヒロアカ ネタバレ 219話

  

通行人の財布を奪う輩たちに仮免取ったばかりの轟と爆豪が立ち向かう!

オールマイトは避難誘導!

 


スポンサーリンク


 

轟は輩たちを氷で固めるがすぐに割られてしまう。

輩たちは今日のために一か月かけて入念に下調べをしてきた。

年末近いこの時期に!

人が多く、且つヒーローの目が無くなる一瞬!

それが今この場所!!

 

爆豪
「働け。」


「予定がつぶれて残念だったな。」

 

輩は残念とは違うという。

その輩は炭酸水を扱う。

刺激を求めて生きるもの。

学生の二人よりも覚悟が決まっている。

必ず逃げるという覚悟が!!

 

爆豪は十人ほどの逃げる輩たちにニトロをぶつけて爆破攻撃!

一瞬でほとんどが動けなくなった。

 

しかし炭酸男は上手くよけた。

爆豪は炭酸男に向かっていくが男は手に装着している籠手から炭酸水を放射!!

爆豪は避けたが近くの電柱にあたって電柱が切れた!!

倒れる電柱に見物人の女性は気づかない!

女性をオールマイトが間一髪で助ける!!


スポンサーリンク


 

男は調子に乗って炭酸水をさらに放射!!

仕方がないので轟が多少手荒な攻撃に出る!!

 

膨冷熱波!!

 

熱波が炭酸男を襲う!!

炭酸は温めると抜ける!!

 

爆豪
「てめー

今の体育祭でクソデクにつかった奴か。」

轟はあれよりは抑えたと言い、

ケガはないか

と爆豪を気遣う。

爆豪はバカにしているのかと怒る。

 

そこにオールマイトが見慣れないヒーローを連れて来た。

だいぶあごの長いヒーローだが爆豪のことは知っていた。

 

2人が盗品をしっかり確保して強盗達を全員取り押さえていると知って驚く。

完璧な仕事。

学生とは思えないと言って二人を抱きしめる。

そのヒーローの名はスライディン・ゴー。

後は任せてくれという。

 

その時炭酸男の籠手が爆発した。

スライディン・ゴーは闇市製の粗悪品だからというが、実はデトネラット社の仕掛け。

 

オールマイトは爆豪と轟の頭をポンと叩いて

「凄いな2人とも。」

 

2人は少し嬉しそう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク