大阪大会決勝。

舞洲BBS

9回裏、快苑の攻撃。

スコアはDL 7-5 快苑

 


スポンサーリンク


 

ツーアウト1塁!!

バッターボックスには3番俵屋。

 

甲子園まであと一人。

マウンド上の檜は自分を落ち着かせる。

俺の野球人生はまだまだ続く。

一歩ずつ確実に、山を越えて・・・

 

しかし・・・

しびれまくっている自分がいる。

仕方がない。

このような場面は未体験だから。

檜はこの未体験ゾーンに挨拶する。

「ハロー高校野球。」

 

檜は3番打者に1,2塁間を破られる。

これでツーアウト1,3塁!

 

必死で笑顔を作る檜の顔がひきつっている。

快苑のベンチで唐松に笛吹が話す。

「作り笑いの寿命は線香花火より短い。」

 

檜は4番にセンター前に弾き返される。


スポンサーリンク


1人還って7対6!!

笛吹の言葉通り、檜の顔から作り笑いが消えた。

 

次に迎えるバッターは万年!!
 

ここでDLがタイム!

内野陣がマウンドに集まる。

 

長野
「このクソでかい空の下、どっちが勝とうが負けようが地球にとってはどこ吹く風。

打ち取ったらチョコパイ3箱や。

気楽に投げろ七百等兵。」

 


「今日のお前なら大丈夫。

三振とったらフルーチェ3つ。」

 

檜の緊張をほぐそうと言葉をかける先輩達。

しかし狩野は

「安い茶番をこくのはよしましょう。」

と言う。

嫌な予感はみんな一緒。

万年に打たれるイメージが頭の中をぐるぐる回っている・・・

 

長野も楠も都築も狩野の言葉に納得したのか押し黙ってしまう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク