竹田たちが乗っているキャンピングカーは山の中で止まる。

ガスマスクをした竹田が睡眠ガスで眠っている3人を見おろす。

 


スポンサーリンク


 

窪に3人をころすように命じられたが、竹田は迷う。

3人に対して仲間意識があるから。

 

組織が出来たのは3年前。

裏稼業で何人も人を殺してきたと噂される窪をリーダーに据える形で志野が結成した。

竹田は二年ほど前から所属する最古参の一人。

組織のメンバーは二十人強。

コネで入った延人を除いて訓練課程を突破しなければ所属できない。

訓練期間中に八割はふるい落とされる。

ほとんどが二十代前後の若者。

しのぎを削りながらやがて戦友になっていく。

 

組織は信頼と恐怖と連帯感で繋がっている。

味方を裏切るよなうなものは一人もいなかった。

仲間意識が強いのだ。

しかしそれだけではなく、裏切った者は窪に殺されるということも今まで裏切りがなかった理由の一つ。

 

竹田は恭一の友達を殺したことを悔やむ。

それで恭一が裏切った。

 


スポンサーリンク


竹田はまだ仲間を手にかけることをためらっている。

 

この三人を殺したとして、そのあと自分は助かるのか。

 

窪が自分を殺さない理由を考える。

・・・

 

三人が逮捕状を取られた以上、自分もこれから取られる可能性はある。

その時点で自分も消されるだろう・・・

 

竹田は迷う。

恭一のように逃げるか?

 

逃げ切れなければ窪に殺される。

 

竹田は3人を起こして事情を説明して4人がかりで窪と戦おうかと考える。

勝ち目は薄いが、銃もある。

 

しかし自分の杞憂の可能性もある。

窪が初めから自分を殺そうと思っていなかったら・・・?

 

仮に窪を殺せたとしても、次には志野に狙われることになる。

そしたら絶対に助からない。

 

竹田は決めた。

やるしかない。

 

銃を成瀬に向けるが、血の処理が面倒なので紐で絞め殺す。

残りの二人も絞め殺して山中に埋めていると・・・

 

「よう。」

 

と言って窪が現れた。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク