日向の速攻に鴎台のバンチ(束)リードブロックが襲い掛かる!

しかし日向のスパイクはその高いブロックを抜き去った!!

これで烏野 3-3 鴎台

 


スポンサーリンク


 

ミカちゃんが烏野の10番に感心する。

でも鴎台のブロックも怖いと言う。

なんかグワーッと来る感じ。

なぜ10番が打ってくるのかわかるんだろうと不思議そう。

 

大将が解説。

わかってるわけじゃなくて10番にトスが上がったのを見て瞬時に反応している。

多分グワッて感じるのは3人がまとまって跳んでくるから。

 

鴎台のブロックの配置はバンチ・シフトと言って真ん中にブロッカーが集まった状態で構える配置。

バンチは束という意味。

真ん中からの攻撃に対応しやすい配置だけど、今の所はまだ烏野の10番のはやさが勝っている。

 

日向が後衛に回る。

代わりに烏野ブロックの要、月島がIN

 

黒尾が

「行けツッキー!

ブロック対決じゃあ!!」

と叫ぶと、

研磨が月島のマネをして

「ブロックが対決するのはスパイカーなんで。」

言いそう!だし、たぶん似てる!!

 

日向サーブ。

天満(サーブは普通だ・・!)

 


スポンサーリンク


日向の普通サーブを芽生(ガオ)が膝をついてレシーブ。

烏養コーチ
(おし)

 

鴎台は8番別所が速攻!

ブロックに跳んだ月島がナイスワンチ!

速攻を読んでいた。

貧相サーブからの速攻は定石だ!

 

昼神が月島の読みに感心する。

 

影山はサイドの東峰を使う。

鴎台のブロックはキッチリ2枚跳んできた!

 

しかし東峰はものともせずに決める!!

 

大将がミカちゃんに解説。

バンチ・シフトは真ん中に寄っているからサイドからの攻撃に対応しにくい。

しかし鴎台は最低でも必ず2枚以上で全方位に対応してくる。

バラバラの2枚じゃなく、束の2枚。

バラバラのブロックはレシーブの邪魔になるだけ。

 

ミカちゃん
「一瞬のことなのにボールも人も横も上も後ろの事まで考えてんの。

ヤバい。

ヤセそう。」

 

昼神は、ブロックの精度が上がってくるまでの間、どれだけ点を離されずに行けるかがポイントだと考えている。

 

白馬がスパイクを決めた。

野沢のサーブはサイドランを割る。

これで

烏野 6-5 鴎台

 

星海と月島が目を合わせる・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク