ヒロアカ ネタバレ 220話

  

前回ギガントマキアが涙を流しながらヴィラン連合と戦っていた。

その続きの前にヴィラン連合の近況をスピナーが語る。

 


スポンサーリンク


 

トゥワイス、トガヒミコ、Mr.コンプレス、死柄木弔そしてスピナーの5人で異形排斥主義集団、通称CRCの事務所に強盗に押し入った時のこと。

因みに最近のヴィラン連合はお金が無く、こうやって強盗に入ることが多いようだ。

 

異形排斥主義集団とは異形の人間を差別し、暴行に勤しむ集団。

異形排斥主義集団は当然押しかけていたヴィラン連合相手に戦おうとするが、非常に弱くてすぐに全滅させられる。

 

事務所内を金目の物を探して荒らす死柄木たち。

しかし特に金目のものはなし。

使い続けているヒミコの注射針も折れるし、Mr.コンプレスの義手の軋みもひどい。

義爛に新調してもらおうにもその金がない・・・

 

 

事務所に戻った死柄木たち。

なんとヴィラン連合の事務所は山奥の使われなくなった現場事務所のようなボロボロのユニットハウス!!

 

スピナーがこんな生活いつまで続けるんだと言うと、

死柄木は終わるまでだと言う。

 

Mr.コンプレスは八會斎と協力していたら今頃寿司でも食えていたかもなどと言っている。

それは冗談として、


スポンサーリンク


「お国を騒がすヴィラン連合の実像がこれとは、憧れて下さる皆さんに申し訳ない。」

 

みんなでワイワイやっていると、そこに荼毘が入って来た。

事務所に全員そろっているので、仲間集めに勤しんでいるのはオレだけかと言う。

 

お前はただ焼き殺して回っているだけだとトゥワイスがツッコむと

荼毘は何の志も持たずにただ生きているだけのゴミが多すぎるとぼやく。

ヒミコに人を見る目がないのではと言われて

荼毘は てめえだけは黙ってろと返す。

 

スピナーはこんなグダグダなヴィラン連合の現状を嘆く。

 

死柄木が

黒霧が捕まってもう1か月か・・・

と呟いた。

 

黒霧は以前、

オール・フォー・ワンを失って弱くなったヴィラン連合をを嘆いていた。

大事を為すには新たな次のステージへあがる必要がある。

命じてくれれば死柄木のために新しい力を手に入れてくると言っていたが・・

 

死柄木
「結局失敗しやがった。

おかげでドクター探しも難航中だ。」

 

トガヒミコは死柄木に

「お守りの黒霧さんがいなくなって寂しいねえ。

ドクターってどんな人なんですか?」

と聞く。

 

死柄木の答え

先生の主治医

用心深い人

アジトのパソコンでしかコンタクトをとれなかった。

脳無の開発と管理もやっていた

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク