ハマジが教室でガッツポーズ!

テストで55点!!

期末テストで50点以上取ったのは記憶にないくらいだと言っている。

 


スポンサーリンク


 

勉強を教えてあげた速水もうれしそう!

 

ハマジは速水に改めてお礼を言う。

「ありがとな・・・

これも速水が勉強を手伝ってくれたおかげだよ・・」

 

速水
「そんな・・・

ハマジ君は頑張れば出来る人なんだよ!

このまま続けていればもっといい成績・・」

 

ハマジはちょっと間を置いて、

「さてとっ

また部活が再開するし頑張らなくちゃあ。」

と急に話題を変える。

 

速水はもっと勉強を・・・

とハマジに教えたそう。

速水のそういう雰囲気を察知したハマジは

その辺はまた今度!

と言ってそそくさと部活に向かうのだった。

 

 

引退した3年生たちも加わって水球部男子は今日も元気!

特に中島の動きがいい!

凄いシュートを決める!!


スポンサーリンク


 

そこに寺田先生が

「おいおい、てめーらふざけんな!」

と言って登場!

「引退したとたんのびのび水球しやがって!!」

 

中島は自由になったら水球が楽しくて仕方がないと言う。

 

萩原はプールサイドに腰掛けてチラッとハマジを見る。

(あの時の告白は本気だったのかな・・

もし・・

本気なら・・・

ハマジ君・・

もう一度ちゃんと言ってくれたらいいのに・・)

 

乙女チックな思索に入り込んでいる萩原に寺田が話しかける。

 

2人は外に出て話す。

寺田は

2週間後、城正大の練習に参加してみないかと言う。

そこで向こうの監督に萩原のプレーを見てもらうのだ!

 

萩原は目を輝かせて

「はい!頑張ります!」

と答える。

 

そしてプールに戻り、萩原は梅ちゃんと篠崎に練習に付き合ってくれるように頼む。

気合の入っている萩原を見て二人とも嬉しそう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク