椿の活躍は日本で大々的に報じられた。

スポーツ新聞各紙の一面は椿が独占!

ニュースやワイドショーでも椿のことが大きく取り上げられている。

 


スポンサーリンク


 

高校生たちは凄い選手が出てきたと興奮気味に話す。

女子高生は椿がカッコいいと言っている。

 

椿が所属するETUと達海についても報じられる。

達海監督に才能を見出された20歳の椿大介。

今UAEの地で輝きを放つ・・

彗星のごとく現れた若き代表選手・・・

準決勝でも大活躍が期待されます!

 

コータもTEAM OKKOのメンバーと興奮して昨夜の試合と椿について話している。

 

椿だけでなく、今の日本代表は面白いとサポーターたちは話す。

今の勢いなら優勝は間違いなさそう。

 

 

ETUの選手たちが試合形式の練習をしている。

赤崎がサイドをドリブルで上がって行き、清川が当たる!

 

清川が赤崎の攻撃は単純だといいそうになったその時!

赤崎はゴール前に詰めていた堺にパス!

単純なのは清川だった。

 

赤崎のナイスパスを受けて堺がシュート体勢に入る!

しかし杉江に止められる!


スポンサーリンク


 

ボールはまだ生きている!

後ろから来たのはジーノ!!

ジーノは強烈なミドルシュートを放つ!!

 

そのシュートに飛びついてキーパーが止めた!

 

ジーノ
「ブランクがある分いいプレーイメージを取り戻させてあげないとね。

今のは僕からの快気祝いさ、」

 

ジーノの言い訳の滑らかさに感心する赤崎。

 

今ジーノのシュートを止めたのは骨折で離脱していた緑川!!

緑川
「だったらもうちょい優しいボールにしてくんねえかな。

こちとらおっさんなんでね。」

 

元気そうな緑川を見て達海は嬉しそう。

でもいきなり全開でプレーして大丈夫なのかと心配する。

 

コーチは36歳という年齢に関わらず回復が早かったと話す。

もう少し実戦形式やらせたら本番もいけそう。

 

浮かない顔をしているのは3番手キーパーの湯沢。

またポジション争いが厳しくなってしまう・・・

 

緑川だけでなく、選手全員がいいテンションで紅白戦をやっている。

熱くなって村越がややラフプレー!

審判が笛を吹いて激しすぎだと注意する。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク