車の中で水野が砂川の携帯にかけると山岡の方から着信バイブが聞こえてきた!

 


スポンサーリンク


 

砂川は山岡に消されたことを察した水野は銃を抜く。

しかしその時にはもう水野のこめかみに山岡の銃がつきつけられていた!

 

山岡
「察しの通り砂川はもういない・・・」

 

山岡は正当防衛だったと話す。

先に銃を抜こうとしたのは砂川。

「そして今おまえも同じ状況になってる・・・」

山岡は水野が自分に向けている銃口を指でつつく。

 

水野は同じではないという。

自分も正当防衛。

砂川がやられたとなるとこうなるだろうと言って、水野は銃口を山岡に向けるのをやめる。

 

山岡「ほォ~」

 

 

二郎が住んでいたアパートの部屋。

クロちゃんがスズムシに倉庫内での佐藤の動きを聞いている。

 

スズムシはミサキを乱暴しようとして服を引っ張った瞬間に、後ろから突き飛ばされてプレハブの窓に叩きつけられて気絶したと話す。


スポンサーリンク


まるで丸太で殴られたような衝撃だった・・・

 

クロは憧れの兄さんの動きが聞けて興奮している。

(あ~兄さんスゲ~

あ~ん

もう~~!!

スゲェ~!!)

 

もっと聞きたいクロはスズムシに続きを話すように言うが、スズムシは気絶してしまったのでそれ以上は無理。

 

そこにマツが弁当を3人分もって帰って来た。

海老原は事務所に戻った。

 

マツはのんびりしていられない。

1週間以内に二郎を見つけ出さないと自分の命がないのだ。

二郎の部屋でもまだ手掛かりになるものは見つかっていない。

 

クロが煙草を取り出したのでスズムシは灰皿の中の燃えカスをゴミ箱に捨てる。

その時に切手の燃えカスが残っているのを見つける。

灰皿の底に水があって燃えずに残ったのだ。

 

消印を見ると京都。

京都から山岡に手紙を出したのか・・・

 

だからと言って京都に潜伏しているとは限らない。

山岡に消印も見られているし。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク