ベッケンバウアーがデスエリアを快走中!

1位の沢渡にわずか0.2秒のビハインド!!

 


スポンサーリンク


 

ベッケンバウアー
(ここで全てのコーナーをドリフトでクリアするクレイジーボーイが話題になっていたらしいが・・・

優秀なポルシェのテストドライバーが作ったフットワークがあればそんな努力も不要だ・・)

 

ベッケンバウアーはデスエリアを軽やかにスムーズに走り抜ける。

 

実況田中がベッケンバウアーのペース配分を気にする。

沢渡のコースレコードから0.2秒前後のビハインドをずっと保っている。

これは偶然か、それとも確信犯か。

 

ベッケンバウアーのセコンドブースが興奮している。

完璧にベッケンバウアーの予言通り!

直前のチェックポイントでは0.15秒のビハインド!

ベッケンバウアーの前を本当に沢渡が走っているとしか思えない。

 

ベッケンバウアーには沢渡の4号車のテールが見えている。

ペースメイカーをやらせているのだ。

ベッケンバウアーのプランは、


スポンサーリンク


ラスト2キロのヒルクライムに入ってからトップギアに切り替える。

そこまではラクをする。

本気にはならず、トップタイムをとる。

それが自分自身に課したルール!

 

 

スマホで中継を見ているMFGファンが話している。

沢渡とベッケンバウアーの火花がバチバチ。

どっちがポールをとっても決勝ではさらにヒートアップするのは確実。

これは両者のプライドのぶつかり合い。

ケイマンとアルピーヌのPP争い。

リッチマンズレギュレーションと言われていたころの序列が崩れてきている。

 

 

ベッケンバウアーはセクター1からセクター2へ!

ここでも4号車から0.3秒のビハインド!

目には見えないテール・ツゥ・ノーズが続く!

 

 

渋谷のスタバで彼女を待つ沢渡。

スマホで中継を見ている。

(そーゆー作戦かよ・・

セコイねードイツ人は。

まあいいさ。

PPなんてくれてやる。

そのかわりレースではお高くとまった鼻っ柱をへし折ってやるぜ)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク