洋子の部屋。

リビングでユーカリが親指と人差し指で腕立て伏せをしている。

 


スポンサーリンク


 

その様子を佐藤が

「元気やな・・・」

と言ってみている。

 

ユーカリはヒマで仕方がなくやっているという。

ほとんど部屋を出ないから、ストレスたまるし身体はなまる。

 

佐藤は目刺しを食べている。

ミサキの部屋から持ってきたという。

賞味期限は切れているが全然まだ食える。

 

ユーカリは部屋に仕掛けてある監視カメラの位置が分からない。

山岡は正確に把握していたらしいが・・

 

ユーカリは佐藤になぜ分かるのかと聞く。

佐藤はなんとなくわかるらしい。

 

アザミも何とな分かると言っていたとユーカリ。

山岡や佐藤程ではないが。

 

なんかあった時のために洋子には内緒だという事はユーカリは見抜いていた。

佐藤にカメラの場所を教えろと迫る。

 

そこに洋子が入って来た。

ユーカリは慌てて誤魔化す。


スポンサーリンク


 

ユーカリは目刺しを炙ろうと言うが、猫舌の佐藤が却下。

 

ミサキはもうベッドに入ったが、布団をかぶってリビングでの会話を聞いていた。

 

 

立体駐車場に車を停めて水野と山岡は就寝の準備。

布団にくるまっても寒いと言う水野。

 

山岡は水野に寝る時もコスプレしているのかと聞く。

 

水野はコスプレは好きでしているのではないと言う。

酒の場を盛り上げるための手段の一つ。

ストレス抱えた社長連中が喜ぶから。

 

水野は、恐怖心が麻痺している山岡が羨ましいと言う。

 

山岡は恐怖心があった方が人生が面白いだろうと言う。

そっちのほうが羨ましい。

 

しかし、仕事柄冷静な判断が出来るだろうと水野。

 

山岡
「冷静な判断が正しいとは限らない・・・

子供の頃野良犬をなだめようとして大怪我したよ。

恐怖心がある方が安全な時の方が多い。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク