喫茶店で零花と偽信が話している。

偽信は金井の手紙と言うのは嘘で、金井の話がしたくて呼び出したという。

 


スポンサーリンク


 

偽信の話はこう・・

金井とは連絡先を交換して何度かやり取りをしていた。

真っ直ぐでいい奴だから友達になりたかったから。

一回飲みに行こうとやり取りした矢先に殺された。

 

偽信は胸の中にぽっかりと穴が開いたようで何も手につかないと言って涙を流す。

 

単純な零花はつられて泣いてしまう。

 

偽信は続ける。

ニュースで新潟にある金井の実家でお通夜があると言っていた。

 

一緒にお線香をあげに行こうと零花を誘う。

お金は全部自分が出すという。

 

零花は親に連絡すると言って席を立つ。

 

偽信のプランは・・・

お通夜は勘違いだったで誤魔化すつもり。

そしてそのまま慰安旅行に。

傷ついている零花をこの旅で落とす。

そして組織から高額の報酬をいただく!

 

零花はトイレで哲雄からのメールを見る。

そこには偽信について書かれていた。

そして本物の石井信の動画が添付されていたのでそれを見る。

 


スポンサーリンク


小太りの若者が自分が本当の敬央大生の石井信だと話している動画だった。

以前に犯罪者グループに学生証を売ったと言っている。

 

零花は金井の遺体は司法解剖したからまだ警察にあるはずと気付く。

ニュースサイトを見てもお通夜や葬式の日程を発表したニュースはない。

 

紫楽来杉山に悪い男も寄ってくるから注意するようにと言われたのを思い出す。

 

零花に正義感が芽生える。

さっきのウソの涙は絶対に許さない。

あたしが証拠を掴んでやる!

 

父親にこれからの行動をメールで伝える。
(電話だと止められるから)

一緒に新潟に行くから追いかけて来てと書いて、スマホの位置情報のアクセスコードも送信!!

 

席に戻った零花。

親に許しをもらったと話す。

 

当然零花の携帯には哲雄からかかってくるが零花は無視。

 

零花は今から行こうという。

「全部出してくれるなら着替えも旅行かばんも買ってくれない?」

 

偽信は了解し(どうせ支払いは組織に回す)、二人はデパートへ。

零花はここぞとばかりにいいものを買い集めて合計は税込み18万!!

 

現在時刻はPM2:00を少し回っている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク