7月17日

ネッツ多摩昭島球場

青道と八弥王子の試合は序盤戦。

 


スポンサーリンク


 

初回は両校とも無得点。

2回表の八弥王子の攻撃も降谷が0点に抑えた後の2回裏青道の攻撃。

ツーアウトでランナーを1塁においてバッターは9番サード金丸。

 

八弥王子のエースの夏目の変化球を金丸が強打!

強烈な打球が1・2塁間を抜けるかと思われたがこれを川端がダイビングキャッチ!

1塁に送球してアウト。

 

またしてもセカンド川端に止められた。

鉄壁の要塞、これが八弥王子の守備力。

 

普通は抜けている当たりだった。

打者ごとにシフトも徹底している。

倉持
「スゲーなアイツ。」

春市
「一人だけ動きが違いますね。」

 

チェンジで3回表の八弥王子の攻撃。

川端
「さあここから!

今度は俺らの番だ!!

まずは塁に出てチャンスを広げようぜ。」


スポンサーリンク


「おお!!」

 

八弥王子は典型的な守備からリズムを作るチーム。

この勢いを攻撃に繋げられるか。

八弥王子が先制したら面白くなると観客が話している。

 

しかし!

今日の降谷はそう簡単には打てない。

キレのあるスプリットで3人目の打者を三振に。

この回も3人で切って落とした!!

 

八弥王子の監督
「こちらが変化球を全て捨てたと読み切って・・・?

あのキャッチャー・・・」

御幸は初回で八弥王子が狙いをストレートに絞って来ているのを見抜いていた。

 

守備に就く八弥王子の選手たち。

川端
「はははこれだよ。

これが選抜で見せた降谷暁だよ。

打ち崩し甲斐があるだろ!?」

 

ベンチに戻って来た降谷に沢村がドリンクを渡す。

沢村
「この回は変化球が良かった。

でもストレートは普通!!」

降谷「ありがと。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク