椿と握手を交わした趙宗旻は

「君は、ヨーロッパのどのリーグに行きたいと思ってる?」

と言って椿の顔を覗き込む。

 


スポンサーリンク


 

椿が面食らていると鹿島ワンダラーズの朴泰輝が訳してくれる。

宗旻が言ってんのは・・・

”オマエがこの前決めたチョーすげーゴールは

俺の決めたチョー スーパーなゴールと同じくらいのレベル ”

だってこと!

 

見かけによらず泰輝のチャラついた日本語に日本勢はちょっと引いている。

 

宗旻は

だからオマエもヨーロッパに行くんだろ?

どのリーグに行くんだ?

と聞いているのだ。

 

昌洙は泰輝の通訳に憧れると言っている。

八谷
「あまりあのスタイルには憧れないでほしいけどな。」

 

しかし椿は・・・

今の自分はたまたまうまく行っているだけで海外とか考えられるレベルの選手じゃないと、いつも通り謙虚な応答。

 

顔をしかめて泰輝が宗旻に今の椿の言葉を

外国が怖いから行きたくないと訳す。

すると宗旻は驚く。

そしてがっかりした顔で

昌洙もいい選手だと褒めてたからすごいやつかと思っていたのに。

もっと自信を持てよ

とまた椿に顔を近づけて言う。


スポンサーリンク


 

あまり長時間外出もできないらしく、韓国選手たちはホテルに引き上げていく。

 

その時椿が宗旻に向かって

「やっぱりヨーロッパでプレーすると上手くなれますか?」

と真剣な顔で質問。

 

宗旻は

行っただけでは上手くなれないが・・・

オランダでの若手のチームメイトの大半は今いるクラブをステップだと考えていて

より上のクラブに移籍しようとギラギラしていると話す。

だからこそ

練習中は削りまくっているし

アジア人だという理由で舐めてきたりして嫌な思いもする。

 

しかし宗旻はそれでも楽しいしむしろ燃えるという。

なぜなら自分もそいつらと同じ考えだから。

宗旻は自分の目標を

誰もが知っているようなヨーロッパのビッグクラブに移籍してアジア人初の得点王になることだと話す。

これは本気。

だからチームメイトとしのぎを削り合う毎日はタフになれるし、自分に会っているという。

「だから23番・・・

君のサッカーをうまくなりたいという思いが・・・

誰よりも強くてその本気度を更に研ぎ澄ましたいと感じた時は・・・

ヨーロッパにチャレンジすることを

俺は強くオススメするよ。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク