1セット目終わりで菅原が感じていた閉塞感。

誰かが不調ってわけじゃなく、むしろ疲れている割には動けている。

でも、どこをどう抜けだせばいいのかわからない・・

菅原はこの空気を変えてくれと願いながら2セット目のスタートをベンチから見守る。

 


スポンサーリンク


 

影山サーブからスタート!

星海のレシーブがやや乱れた!

 

2セット目スターティングは両チームともイレギュラーなローテ。

出だしでコケる訳にはいかない!

 

セッターの諏訪は白馬を使う。

白馬のバックアタックはブロックアウトで決まる。

烏野 0-1 鴎台

 

ホッとする鴎台監督。

烏養コーチは選手たちに1回目のサイドアウトは何としても切り取ることが肝心だと話していた。

※サイドアウトとは、サーブ権を持っていない側が得点すること。

 

鴎台のサーブを沢村がキッチリレシーブ。

シンクロ攻撃で田中が決めた!

 

小さくガッツポーズの烏養コーチ。

 

サーブは田中。

強烈なサーブがネットイン。

レシーブが乱れる。

アンダーハンドのトスが星海へ。

難しい球だったが星海が決めた!!


スポンサーリンク


烏野 1-2 鴎台

 

その後両チームの攻防が続き・・

烏野 3-3 鴎台

で懸案のローテに。

 

烏野の前衛が

東峰 日向 影山

鴎台の前衛が

白馬 昼神 星海

 

澤村のサーブは弱めに前へ。

白馬が膝をついてレシーブ。

諏訪は星海を使う。

星海のスパイクを西谷がナイスレシーブ!

 

日向はブロックを外す手段を考える。

高さ、はやさ、数・・・

後は、幅。

 

4セット目まで攻撃が手薄だった影山前衛時のライト側。

※センターに月島、レフトに東峰だった。

 

青根
「日向翔陽にとっては十八番(オハコ)」

烏養コーチ
「コートの横幅めいっぱい」

 

日向はセンターからライトの端まで走ってスパイクを決めた!!

烏養コーチ、今度は強めにガッツポーズ!

実況
「見事に決まった

烏野1年生コンビのワイドブロード!!」

 

月島兄も宇内も2階の柵から身を乗り出す!

ミカちゃんは あれ好きー と言い、つられて大将も好きだと言う。

二口と昼神と月島は面白くなさそう・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク