みきおは教室の隅にクラスメートを集めて、札幌のお土産だと言って粉のジュースを配っていた。。

「今日の晩御飯の時に使えばいいよ。

みんなには・・・

絶対内緒だよ。」

 
 


スポンサーリンク


 

校内を見回っていた心がそこを通りかかった。

「ここで何してる!?」

と声をかける。

 

生徒たちは 別に・・話してただけ とシラを切る。

 

心は生徒たちに外へ出て準備を手伝えと強い口調で指示する。

1人の生徒に

「心先生変わったね。

前は優しかったのに。」

と言われてしまう。
 

現在時刻は15時35分。

心はウサギ小屋に向かう加藤みきおの後ろをついて歩く。

みきお
「ずっとついてくるつもり?

別にいいけど。」

 

みきおはうさぎにエサをやる。


スポンサーリンク


そして心に何をそんなに疑っているのかと聞く。

 

心はさつき先生や鈴たちがどこに行ったのか知らないかと聞く。

するとみきおはくすくすと笑いだす。

 


「何がおかしい!?」

みきお
「だって楽しいから・・・

今日はとっても楽しい日。」

 

時刻は17時を回り、雨がぽつぽつ降って来た。

生徒たちは食事をする為に多目的室に移動。

 

佐野の指示で心は火災報知器を鳴らしに行く。

 

多目的室では生徒たちが席に付き、それぞれにカレーが配られる。

飲み物は佐野が用意した水。

 

何故かここで黒板消しクリーナーのカット。

 

心が火災報知器のボタンを押すと・・・

鳴らない!!

心に戦慄が走った!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク