零花と偽信(小泉)は白衣観音を観光している。

偽信のスマホを奪った零花は一刻も早く逃げなくてはならないのだが・・

 


スポンサーリンク


 

偽信は写メ撮っとくかなー

などと呟く。

 

零花「!」
 

零花はトイレに行くと言って歩き出す。

時間稼ぎのためにキャリーケースを少し転がす。

偽信にキャリーケースを追わせてその隙に零花は姿を隠す!

 

キャリーケースを確保した偽信はすぐにスマホが無い事に気づく。

抱きつかれた時に零花にすられたことはすぐに気づいた。

 

「てめぇ!」

偽信は叫んで零花を追う。

 

零花はすぐに見つかってしまった!

零花は道を外れて山の中へ逃げ込む!

偽信と零花の距離は50メートルくらい!

零花は逃げ切れるか!?

 

 

小沢と哲雄は高崎駅に着いた。

哲雄はすぐに零花のスマホのGPSを追おうとするが・・

小沢は立ち止まって考えている。

 

小沢は二手に分かれようと提案する。


スポンサーリンク


その理由は・・・

零花のスマホの導線と速度からバスに乗っていると考えられる。

恐らく駅から出ているコミュニティバス。

しかし白衣観音や植物園といった観光地を通り過ぎて再び駅前のバス停に向かっている。

一度も降りずに。

これは不自然。

公共バスの中で襲われて気絶ということは考えにくいので、おそらくスマホを落としただけ。

または放置させられてしまったと考えるのが妥当。

この状況で過失で落とすのはバカ過ぎるからおそらく後者。

 

可能性としては途中で降りようとしたけど喧嘩したからやめてそのまま駅に向かっているという事も考えられる。

他にも寝てしまったり、眠らされた可能性もある。

 

哲雄が一度零花のスマホにかけてみる。

するとバスの中で零花のスマホを拾った乗客(男)が出た。

座席の下に落ちていたので持ち主が探してかけてきたのかと思ったという。

哲雄は高崎駅西口のバス停で待っていると伝えて電話を切った。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク