芦ノ湖GTの決勝は雨の中スタート!

 


スポンサーリンク


 

先頭はベッケンバウアー!!

4号車沢渡がピタリと張りつく!!

25.3キロ先のゴール目指して15台の戦闘機が猛然と水煙を巻き上げていく!!

 

沢渡
(雨はいいよな・・

いくらパワーがあっても役に立たない。

武器を捨てて素手で殴り合いをするようなものだ・・・

本当に恐いのは誰なのかはっきりさせてやる・・)

 

一方のベッケンバウアーも濡れた路面の処理に絶対の自信がある。

沢渡に負ける要素など一つもないと思っている。

 

前園の前には大石のウラカンと赤羽のフェラーリ。

前園
(スタートダッシュこそ4WDのウラカンに後れをとったが・・

いったんスピードに乗ってしまえばなんの遜色もない・・)


スポンサーリンク


前園は世界に冠たるイタリアンブランドにホンダの底力を見せつけるつもり!

 

 

実況の田中が解説の池田に、雨のデスエリアの路面コンディションについて質問。

池田は最悪だという。

以前に路肩に積もっていた灰がヘドロ状になって所々に流れ出していくから。

対処のしようがないくらいに滑る。

特に1周目は細心の注意が必要。

 

先頭グループがデスエリアになだれ込む!!

 

3号車・大石のウラカンがアンダーステアを発生させて大きく膨らんだ!

その脇をすり抜けるように13号車が前に出る!

 

前園
(ハンドル操作が雑だぜ大石。

コーナーの入り口では4WDのメリットなんて何もないって事だ。)

 

大石は冷や汗を流している。

(慎重にはいったつもりだったのにまさかこれほど滑るとは・・)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク