8月2日

選手登録は明日の抽選会がリミットという状況。

 


スポンサーリンク


 

天津と楠と長野が風呂につかりながら話していて・・

長野が練習したくなってきたと言って風呂から上がる。

その時だった。

長野が足を滑らせて大転倒!!

その時慌てて手をつこうとして右手の薬指と小指を骨折してしまった!!

 

8月2日 午後11時 研志堂

信楽兄弟と天津、楠が話している。

ルイージは指2本は中途半端だなどと言う。

どうせ折るならジャイアント馬場伝説みたいにド派手に石鹸で転んで笑かさな。

 

マリオ
「何をシンプルにドジこいとんねんクソデブ・・・

そのまま頭打って死んだら良かったのに・・」

 

天津は 運が悪すぎる と言って頭を抱える。

長野は誰よりも勝って兜の緒を締めるタイプなのに・・・

 

楠は

分厚い広辞苑もこんな時かけてやる言葉は載っていないと呟く。

 

その頃洗濯場では

セカンドの都築をショートに回して錦さんをセカンドに。

そしてサードは鷲中か・・・

と飛田とボブが話す。

攻めも守りも厚みが激減。

 


スポンサーリンク


しかし指2本で済んだのは不幸中の幸い。

チームの大黒柱はランコーとしてベンチに入ってもらわなくては。

 

その話を聞いていた花本のほっぺのふくらみが片方消えた。

 

同刻、監督室では藤巻監督が長野を慰めていた。

右手をやってしまったら一人プレイもままならないだろうと、こんにゃくを用意してあげた。

鍋とコンロなど必要な道具と取説まで添えて。

藤巻監督
「少しでも気晴らしになれば。

慈悲深い先輩の愛に包まれろ。」

 

しかし長野の顔は生気が抜けたまま。

そしてぽつぽつと話し始めた。

ベンチ入りした2年の夏は出場辞退。

全国大会の切符を手にした3年の夏は本番直前に風呂場で転んで怪我。

「甲子園は僕のこと嫌いなんかな・・・」

と言うと長野の両目から涙が溢れ出た。

 

そしてテーブルをひっくり返して暴れ出した!

嘘をつかない

人の悪口を言わない

喧嘩をしない

思いやりを持って困った人には手を差し伸べる。

真っ直ぐな人間はいい人生を送れるんじゃないのか!!

真面目に生きるのがアホらしくなったと言って膝をついた。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク