ヒロアカ ネタバレ 228話

  

荼毘は上空から戦士による攻撃を受ける。

戦士は氷の塊を打ち付けてきた!!

 


スポンサーリンク


 

顔が黒くて手が巨大な氷。

一見荼毘の個性が圧倒的に有利かと思われるが・・・

 

荼毘は本能で察知する。

コイツは強いと。

 

氷戦士
「蒼炎の使い手 荼毘

連合で唯一広域攻撃可能

何故すぐに炎を出さない・・・

何かを待っているのか、

はたまた異能に問題ありか。」

 

荼毘は炎で攻撃する。

氷戦士は上空へジャンプ!

手に纏っていた氷は溶けてしまった。

 

しかしこの氷戦士は氷を操る訓練を積んできている。

コンビニやスーパー、個人の家まであらゆるところから氷を集める!

 

この戦士は学校にも行かずに異能を鍛えてきたと話す。

「最高指導者が僕を強くしてくれた。」

 

荼毘
「素敵な人生歩んだな!


スポンサーリンク


可哀想に!」

 

氷戦士
「生半可な炎で氷が溶けると思うなよ。」

 

両者本気の激突!

巨大な炎が立ちあがり、氷が広範囲に飛び散る!!

 

近くで戦っていたMr.コンプレスのところまで炎は飛んできた!

「荼毘ィ!!

加減を考えろ!!」

 

皆ばらけてしまった。

Mr.コンプレスは状況を整理する。

荼毘はそこで戦っていて・・

死柄木とスピナーは一緒だった。

トガちゃんが先走って行方不明。

トゥワイスはさっきまでいたのに・・・

 

 

トゥワイスは民家の倉庫でボロボロになって横たわっているトガの所に来ていた。

大怪我をしているトガを見てトゥワイスはこの上なく狼狽えている。

頭を抱えて

畜生!

なんてこった!!

トガちゃん!!

ウソだろ!!

と言いながら近づき、トガを抱きかかえる。

体は冷たいが、息はまだある。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク