夏生の部屋に陽菜が住むようになってから10日が過ぎた。

陽菜は頑張って朝食を作ってから先に出かける。

 


スポンサーリンク


 

しかし出来上がったベーコンエッグは黄身が割れて、ベーコンは黒焦げ・・・

 

10日前、陽菜が夏生の部屋に住むと言い出した時、夏生は少し抵抗した。

ここは自分が一人で暮らしていく為に借りた部屋だったから・・

 

しかしその結果どうなった?

と陽菜が詰め寄る。

悪党に狙われてもう少しで命を落とすところだった。

正直自分の命を軽く考えてるようにしか見えない!

 

夏生は言い訳の余地なし・・・

 

しかし都樹子さんが反対するのではと夏生が言うと、

陽菜はすでに許可をもらったと言って都樹子さんと昭人の証明捺印してある許可証を見せる。

 

陽菜は夏生が誘拐されて危険な目に遭ったことを二人に話したのだった。

クスリをやってた子を泊めていたことも洗いざらい。

「だからナツオくんのためにも私が住んでしっかり監督して行こうと思うの!」

と力説したが、昭人と都樹子は過去を思い出して懐疑的。

それでも陽菜は あくまでも姉として と二人を説得して許可証までこぎつけたのだった。

 

結局陽菜は夏生の部屋で押入れを寝床にして暮らすことになったのだが、床に着替えた下着を落として行っているのを見つけて夏生は頭を抱える。

 

 

夏生の所属する演劇サークル Forester では新入生勧誘公演を行っている。

喜劇仕立ての舞台で入場者もたくさんいて、結構うけている。

 

出番を待つ雅に夏生が話しかける。

これなら入部人数も期待できるかも。

 

雅は夏生に、2年から何を担当するか決めたのかと聞く。


スポンサーリンク


夏生は楢さんと楓本(あきもと)先輩に相談してから決めると答える。

夏生自身の希望は特にないらしい。

 

雅は役者を勧めるが・・・

夏生は演技に自信がないという。

「もし役者やるってなったら芹沢に相当レッスン受けないと。」

 

これを聞いた雅は喜んで

「私・・っ

絶対練習にもつき合うしアドバイスだって・・」

と舞台袖で大きな声を出してしまう。

 

夏生が慌てて雅の口を塞ぐ。

夏生は出番前に話しかけて悪かったと言って去って行く。

 

そろそろ雅の出番。

草薙が雅の顔を見るとお酒でも飲んだように真っ赤になっている。

 

 

夏生がラマンに先日のお礼を言いに立ち寄ると・・・

何とミサキが働いている!

驚く夏生。

 

ミサキは保釈された後にマスターに拾ってもらったという。

「裁判はこれからだけど、しっかり社会復帰しなきゃでしょ?

ほっとくと再犯率の高いことでもあるのよ。」

 

マスター
「だからウチで働いてもらって、人生立て直す手助けになればと思ってね。」

 

桃源先生も周りの支えが大事だと言っていたので夏生は一安心。

フミヤもミサキが来るようにって嬉しそう。

 

夏生とフミヤがコーヒーを飲みながら二人で話す。

フミヤはマスターから事の次第を聞いて驚いたという。

自分が催促した合コンがキッカケだったので責任を感じているようだ。

 

しかし夏生がルイと別れた直後より表情が明るいのでショック療法になったのかなとフミヤが言うと・・

夏生は

「落ち込むのはそろそろ終わりにしなきゃと思ってさ。」

と話す。

きっとルイも沈みっぱなしの自分を望んではいないだろうし。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク