社長はコンビニへ入って行った。

その様子をアザミは物陰から見守っている。

 


スポンサーリンク


 

アザミの携帯に佐藤から電話が来た。

今オクトパスにいると聞き、アザミは状況を説明。

佐藤は洋子が気になるからなるべく早く帰ってくるように言う。

 

アザミは社長が寄り道しなければ10分で帰れると話す。

 

電話を切って佐藤はミサキに、アザミはあと10分ほどで帰ってくると伝える。

 

ミサキ
「じゃあ佐藤君

洋子ちゃんの方に行ってあげたら~!」

 

佐藤
「アザミが戻ってくるまで一緒にいるよ。

大丈夫。」

 

ミサキは佐藤を頼もしそうに見る。

 

 

クロとマツが斜面に穴を掘っている。

クロはマツに

いつも1人でこれをやるのは怖くないのかと質問。

霊的なものとか・・・

 

マツは慣れだと言う。

それに、幽霊より生きた人間の方がよっぽど怖いと話す。


スポンサーリンク


 

クロ
「しかし山岡っての、

本当にこんな所まで来るんかな・・?」

 

マツ
「しーー

その話はしないーーー」

 

クロはスズムシに聞こえるように

いつまでも拝んでないで早く手伝えと言う。

 

そのスズムシは山岡に銃を向けられて大を漏らし続けていた。

 

山岡は声を出したら殺すといい、スズムシに三歩前へ出ろと手招きする。

 

そろりそろりとスズムシが山岡に近づく。

山岡は車のノブをガチャガチャとやる。

 

中の二人は警戒。

 

当然ドアは開かず、山岡は車のキーを持っていないかとスズムシに聞く。

スズムシはキーはマツが持っていると答える。

 

山岡は車に死体以外に何かあるかと聞く。

スズムシ
「別に何も・・・」

 

山岡
「本当だな?」

スズムシ
「はい!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク