全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 対 桜高

序盤戦

 


スポンサーリンク


 

君下はつくしに弱めにパス。

つくしはボールを取りに行く!

しかし芹沢が付いている!

 

つくし
(風間くんだったら・・

シュートまで行ける!!)

 

同時につくしは自分が風間のようにプレーできないことも知っている。

ヒントに出来るとしたら・・・

 

つくしの足が先にボールに届いた。

(トラップは

ドリブルの1歩目!)

 

芹沢の逆をついた!

かわしてフリーだ!!

 

つくしのエクセレントなトラップに白鳥や来栖はびっくり!!

保科(うまい)

甲斐&丸岡は目を丸くしている。

石動「保科さんみたいな!」

 

まだ距離はあるがつくしはシュート体勢に入る。

 

キーパー近藤は構える。

 

「どうせ大したシュートは撃てん」


スポンサーリンク


と高をくくっているのはマルコと志村。

 

フットサル仲間のオジサンたちは大興奮

「撃てぇぇーー!!」

 

つくしは水樹のフォームを意識!!

強烈なシュート!!

ボールはゴール左隅へ一直線!!

いいシュート、いいコースだ!!

 

近藤が飛びつく!!

止めた!!

しかもガッチリキャッチ!!

スーパーセーブだ!!

ジャンプ力がやべえ!!

 

近藤のスーパーセーブにも師匠の千手は、ポジション取りが悪いから派手な感じになると厳しい。

 

夏はほっとして、おじいちゃんは

「危ないね。」

 


「それより・・

柄本君って、あんなシュート撃てたっけ?」

 

小百合とつくし母は

「惜しいーー!!」

とユニゾン。

 

猪原が叫ぶ

「切り替えだ!!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク