アジアカップ準々決勝

日本 VS オーストラリア

キックオフ!

 


スポンサーリンク


 

スタンドでは日本のサポーターが全力で応援し、

日本の椿一家もテレビの前で応援する!!

 

ブラン
(さぁみんな・・

このゲームに対する・・・

我々のモチベーションの高さを教えてやろうじゃないか。)

 

オーストラリアがパスを回す。

椿が取りに行く!

 

オーストラリアのレノンはちょっと慌ててパスが弱くなった。

アレックが行くがオーストラリアは何とかつなぐ。

髭のCB(ライアン)がボールを持ったところへ花森が行く!

ライアンはニックへパスを出すがこれを窪田がつっかけた!

 

こぼれ球を拾えばビッグチャンスだが・・・

オーストラリアの21番が辛うじてクリア!

 

日本の記者たちは興奮気味。

いきなり決定機かと思った。

この蒸し暑いコンディションで気合が入っている。

 

メガネの記者が

これは日本の意思表示だろうと言う。


スポンサーリンク


相手がオーストラリアだろうが日本は変わらず前からガシガシ行くぜという・・

 

そしておそらく、本当の狙いはプレッシャーを前からかけることで向こうの前線にいいボールを蹴らせないこと。

 

ライアンがパスミスでサイドを割った。

 

ここまで思い通りの試合運びでブランは満足げに拍手をしている。

 

オーストラリアの監督は大きく息を吐く。

序盤から緻密な戦術で圧力をかけてくる日本はさすがだと考えている。

それに比べて自分とこのチームの雑さにあきれている。

しかし・・・

時としてこの大雑把さはチームの強みになるのだ!!

 

大雑把なオーストラリアにあってひとり神経質気味な10番・コヴァル。

危なっかしいパス回しに神経をすり減らしている様子。

(とっととオレにボール寄越せよ。

そうしたら・・

オーストラリア代表で10番を背負うこのイアン・コヴァルが

ボールはこう蹴るんだって教えてやるからよ。)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク