心は教室で鈴をかばう加藤の姿や

未来で加藤が鈴と暮らしていたこと

そして加藤が描いていた絵は鈴のものだったと思い返す。

 


スポンサーリンク


 

 


「お前の目的は鈴だったのか!?」

 

大人加藤は事件の後ずっと鈴を追っていたと話す。

児童養護施設や高校・・・

勤め先・・・

顔を整形したことも名前が変わったことも知っていた。

そして歩けないふりをして鈴に近づいた。

 

しかし一緒に暮らし始めて分かったことは、

その頃の鈴はもう加藤の知っている鈴ではなかったということ・・・

 

そして加藤は慰霊祭で全員を巻き添えに死のうと計画していた。

加藤
「そんな時、心先生が来てくれた・・・」

 

霧の中、心ともみあいになり、気付いたら1989年の音臼村に立っていた。

 


スポンサーリンク


森の中で猫に毒エサを与えて殺し、さらにナイフで切り刻もうとしている子供の頃の自分を見て、ナイフを持つその手を握って止めた。

 

そして伯父としてみきおに忠告する。

「今の君の計画じゃ、鈴は別人になっちゃうよ?」

 

子どものみきおは

整形して顔が変わっても中身が同じならそれでいいというが・・・

大人加藤は同じじゃないという。

「同じだけど

同じじゃない。」

 

こどもみきおはどうすればいいのかと聞くが、大人加藤は 君に従う と答える。

助言や協力はするがシナリオは自分で作るべき。

自分の人生なんだから。

 

真相を知っているのは心と父親の佐野だと聞き、こどもみきおは

「そう・・・

じゃあその二人は消さないといけないね。」

と言った。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク