2ページ目

 

死柄木とスピナーはこれ以上戦うのはちょっと辛そうな感じ。

そこに現れた大量のトゥワイス!!

 


スポンサーリンク


 

死柄木
「おいおいマジか。

増えたのか!」

 

多くのトゥワイスは得意げに

「ああ。」

と返事。

「これで少しは役に立つかな、リーダー。」

 

しかし解放軍の戦士たちもキリがないくらいに襲ってくる!!

トゥワイスの団体も

「ひえ~

気味が悪いぜ オカルトだァ!」

と自分たちを棚に上げた物言い!!

 

死柄木はトゥワイスにタワーまでの道を開いてくれるように頼む。

そこには義爛と敵の解放軍のボスがいると。

「マキア用の駒はさておき、ボスはちゃーんと殺さねーとなぁ。」

 

トゥワイスは

「リーダー、おめーは俺に揺られて寝てろ。」

と頼もしい!

「うっかり俺たち一人で解放軍を手籠めにしちまうぜ!」

と集団トゥワイスは解放軍を蹴散らして進む!!

 

スピナーはトゥワイスだけでいいんじゃねーのかというが、

死柄木は義爛を好きすぎるのが心配だと話す。

「人の心を弄びやがって・・・

許せないぜ解放軍。」

死柄木は怒りの表情!!

 

その時!

心求党党首の花畑が演説を始める!


スポンサーリンク


再臨祭では人々が異能で悪に打ち勝つ姿が示されるべきだと訴える!

ヴィラン連合の解体と解放軍が新たな時代を切り開くことを説くと戦士たちが勢いを増す!!

 

もうこれ以上死柄木を消耗させられないと考えたスピナーは自分がすべきことは何かを考える。

 

 

トゥワイス分身たちの一人目がタワーの四ツ橋の所へ到着。

トゥワイス
「よーう てめーか!?

俺たちの居場所をぶっ潰してえバカ教祖ってのァ!?

ずいぶんハゲてんじゃねーかてめー

ハゲ教祖じゃねーか

失礼しました。」

 

義爛
「分倍河原・・!」

 

頭部をいじられて四ツ橋はかなりカチンときた様子。

「宮下と違って捻りがないな。」

 

〇感想

 

二重スパイのホークス。

ベストジーニストに手をかけたとは思えません。

上層部と話して、そして本人を説得してしばらく身を隠してもらっているのかも。

荼毘の目を欺くために。

 

死柄木の怒りもわかります。

トゥワイスは本当に仲間思いで純粋な奴。

それを利用する四ツ橋は真の悪役。

 

四ツ橋の部屋に近属がいませんでした。

前回あのまま出て行ったんですね。

次の手を打ちに。

次の手とはいったいどんなことをしてくるのか・・

怖いですね・・・

 

 


スポンサーリンク