佐野は心に無線を入れる。

しかし応答はない。

佐野はみきおが閉じ込められている物品室の戸が開いていないことを確認する。

そして窓から中を伺うと、みきおの姿は確かにあった。

 


スポンサーリンク


 

佐野の無線に吉田刑事(金丸刑事とペアを組んでいた刑事)から無線が入った。

パトカーで音臼小に向かっているとのこと。

 

佐野は風速計のある山小屋に応援を要請。

妻と娘とさつき先生が行方不明であることも伝える。

 

多目的室に集まっている子供たちや父兄に佐野が

これから警察と消防が来るので全員体育館に移動してほしいと話す。

 

子供たちはお泊り会が中止になったことを残念がる。

旧体育館で肝試しだけでもしたいと話す子も。

 

それを聞いた佐野
「旧体育館・・・」

 


スポンサーリンク


旧体育館には縛られた和子と鈴がいた。

2人を助け出したのは・・・

物品室を抜けだしたみきお。

大人加藤みきおが立てたプラン通りだ。

 

みきおが鈴を背負ってみんなが集まっている体育館に来た!

これでみきおは正義の味方になれる!

 

みきお
「鈴ちゃんを助けた!

お母さんは旧体育館の方にいる!」

 

先生たちは旧体育館へ急ぐ!

 

佐野は鈴を抱きしめる。

「大丈夫か鈴・・・

良かった・・良かった・・・!!」

 

みきおは加藤信也の告白文を佐野に見せる。

そこには三島千夏を殺したこと

明音を殺したこと

金丸刑事を崖から突き落としたこと

みきおを誘拐したこと

和子、鈴、慎吾を監禁したこと

木村さつきを殺したことなど

全て自分がやったことだと書いてある。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク