小春がバイト中の焼肉屋に突然来たゆずとまどか。

着席した二人は普通に注文するが小春は二人が何を企んでいるのか分からないので対応に困っている。

 


スポンサーリンク


 

小春は二人で何をしに来たのかと尋ねるが

ゆずはお肉を食べに来たとはぐらかす。

 

小春がちゃんと答えろと言うと・・・

ゆず
「なによぉ

勝手に出て行ったくせにエラそーに!

あたしとまどかがあれからどれだけ大変だったと思うの?」

 

まどか
「なんなら一杯奢って欲しいくらいだわ。」

 

何も言い返せない小春・・・

 

小春が他のテーブルから呼ばれてゆずたちから離れる。

 

2人はやつれた小春を見てちゃんと食べているのか心配する。

 

小春がゆずたちのテーブルに戻って来た。

北つばめ市長のゆずの父親はまだハレ婚を諦めていないと聞いて小春は驚く。

全国を回って講演会をやっているとのこと。

一夫多妻制に興味のある団体や地方は意外と多いらしい・・・

 

小春が麟は元気にしているか聞くと・・

小春は出稼ぎでマグロ漁船に乗っている事にしてあるという。

離婚したなんて説明できないから・・・

海を見るたびに

「小春ちゃん大丈夫かな・・」

と心配しているらしい。可哀想・・・

 

龍之介は近頃ようやく元気を取り戻してきたらしい。

ゆずの献身的な介護のおかげ。

まどかもサポートしている。

 

ゆずがまどかに戻ってきて第二夫人に復活すればと言うと

まどかは頬を赤らめて
「フフ・・そうね。

いいかも。」

という。

 

小春がハレ婚はもう無くなるでしょと言うと

ゆず
「だからなあに!?」

 

まどかも、やりようはいくらでもあるという。

現存している一夫多妻家族も多くは形を変えずに継続するようだし。

 

ゆず
「そーよね!

紙切れなんかなくたってぇ」

 


スポンサーリンク


その気があればできると声を合わせるゆずとまどか。

2人にハレ婚復活を提案されて戸惑う小春。

 

小春が空いたジョッキを下げようとすると・・・

途中でふらついて壁に頭をぶつける。

 

ご飯を食べるお金が無いの?と心配するゆずに、小春はただの風邪だと話す。

 

ゆず
「妊娠してるんじゃない?」

小春
「してねーわっ。」

ゆず
「ホントにぃ!?

ちゃんと生理きてるのぉ?」

 

他にも、おっぱいが張ってる感じとか

寝ても寝ても眠いとか・・・

と聞かれて小春の動きが停止する。

「きてない・・生理・・・」

 

閉店後、二人は小春をつれてドラッグストアへ。

小春はいらないと言うがゆずが妊娠検査薬を買ってあげる。

 

3人で小春の部屋へ向かう。

 

道中、デキてたらどうしようと悩む小春にゆずは

「小春次第なんじゃない!?」

という。

 

それでも不安そうな小春に、ゆずは自分もそうだったという。

素直に喜べない自分がイヤになったりしたし、ホントに心細かった・・・

 

ゆずは小春の肩に手を置いて

「だからっ!

小春にはすっごく感謝してるの!

離婚してよーが

妊娠してよーが

あたしはアンタの味方でいたいわ!」

という。

 

困っていることがあれば何でも頼って!

ということを今日は伝えに来たとゆずはいう。

それはもちろんまどかにも同じキモチ。

 

まどか
「あなたがもし龍之介さんの子を身籠っているなら私は苦しい。

でも

龍之介さんの呪・・・

祈りがあの時 

神に届いたと言うのならこんなに尊い事はないわ。

祝福します。」

そう言ってまどかは微笑む。

 

2人の気持ちに涙ぐんでしまう小春・・・

 

妊娠したかどうかはまだ分からないのでゆずとまどかに両脇を抱えられて小春は部屋へ向かう。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク