8月5日。

開会式のリハで毛利と門松が再会。

門松は毛利が脱走直前に話したことを思い出す。

 


スポンサーリンク


 

自分たちがタワシで洗濯物をこすっている間に他校の1年は素振りを500回していると思ったら無駄な時間を過ごしている気がしてくる。

一旦家に帰って冷静に考えて、それで自分が間違っていると思ったら帰ってくる。

そう言って塀を降りて毛利は去って行ったのだった。

 

その毛利の頭を門松はヘッドロックして

「脱獄囚!!

元祖亀の子タワシのなれの果て

午前8時15分 身柄拘束!!」

 

毛利は

「元気そうやな相棒・・・」

と声をかける。

 

門松
「ファインセンキューアンデュー。」

 

毛利は自分が去った後にDLは色々大変なことになっていたようで気になって練習が手につかなかったという。

無免で暴走した1年は鬼頭かと聞く。

 

門松はその質問には答えない。

 

毛利は

裏切り者とどやされるからみんなには会いたくないと言う。

 

門松は気にするなと言う。

発言通り編入先で甲子園出場を果たした。

むしろ拍手を贈るべき。

それよりも文句も言わずに毛利の仕事を引き継いだ飛田に感謝しろと言う。

 


スポンサーリンク


甲子園でプレーするテメェを見たら飛田はどんな気分になるだろうな?

と門松は続ける。

飛田 ボブ 丸井 和喜田 不仁井 四葉の6人はまだ一度もDLのユニフォームを着ていない。

「ワテならとっくに腐ってる。

でも奴らは腐らねえ・・・

強ぇのかバカなのか。」

 

「甲子園に出てなくても・・

DLに残って良かったと思えんのか?」

との問いに門松はたとえ話を始める。

 

18人で飯屋に行ってエビフライ定食を頼んだとする。

毛利はエビを食う前にマズイと言って店を出た。

自分たちは食べた。

 

門松はエビの味を共有できない奴のことを相棒とは呼べないと言って毛利の肩に手を回す。

そして

「ワテから目を離すんじゃねーぞコノヤロー

一生抜け出せねえ後悔の穴に・・・

テメェを突き落としてやる。」

と言って拳を握り締める。

 

しかし拳をほどいて

一緒にエビを食べたかったのが本音だと話す。

 

門松は

「負けんじゃねえぞ 毛利。」

と言って立ち去った。

 

毛利はかつて門松が

3年生のようにイカした漢になりたいと言ったのを思い出した。

背中で生き様を語れる漢に。

 

去って行く門松の背中が毛利にはとてつもなく大きく見えた・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク