打たれて落ち込んでいた薬丸。

福岡から埼玉への移動の飛行機の中で布川にデジタルから逃げすぎ、

神頼みし過ぎだと言われてしまう。

 


スポンサーリンク


 

ちょっとムキなった薬丸は布川のスマホを借りて掲示板のアマがき隊スレッドを見てしまう!

そこには

悲報 メッキはがれたアマがき隊

もうダメポ サヨナラ負け

と始まり、自分たちアマがき隊に対するあらゆる悪口が書かれていた。

 

それを見た薬丸はショックを受けている様子。

しかも自分たちだけでなく

徳永コーチ、向井監督、

自分たちに勝ち星を消された凡田の悪口まで!

 

あまりに動揺しているようなので薬丸が読んでいる途中で布川がスマホを返してもらう。

 

布川
「神頼みだけしてりゃいいよな・・・

奇麗な心で常にいられてよ・・・

だけどそーゆーのは逆に不健全じゃねーのか?

汚いモノも見てないとバランスが悪いだろ。

デジタルと縁を切ってりゃ俺は強い・・・

そう思い込みすぎ!

異常にゲンを担いでいる奴は・・・

いつかは落ちていく。」

 

ショックを受けているように見えた薬丸だが、

実は嬉しいと言う。

有名掲示板にスレッドが立って、悪口ではあるが色々と話題になっていることがたまらなくうれしいと言う。

 

薬丸は言う。


スポンサーリンク


去年までの自分たちにはこんなスレッドは立たなかった。

二軍でくすぶっている選手は悪口すら言われない。

それどころか去年自分たちは二軍で活躍してイースタン優勝しても世のかからほとんど無視された。

 

やっと世間から認められたことが実感できてうれしいと言うのだ。

 

今度は薬丸が布川に、こういうのを本気にしているのかと聞く。

布川は子供の頃から野球の神童と言われ・・・

野球のエリートコースを歩んで甲子園に出た。

そしてドラフト指名を受けてプロ入り。

そして今堂々の一軍選手。

誰もが羨む栄光の人生。

 

その人生と比べたら掲示板に匿名で悪口を書き込んでいるの人たちはかわいそーな人生。

寂しい楽しみをしているにすぎない。

 

「栄光の人生を歩んでる布川さんが相手にする人たちじゃない!」

と薬丸は語気を強める。

そして今からでも携帯を徳永コーチに預けるように言う。

今自分たちは人生の岐路。

うまく行けば来年大金持ちになれるかもしれない。

なのに携帯などに心を奪われていてはいけない。

 

薬丸
「おれが心配しているのは・・・

アンタの炎上体質なんだよ!」

 
マウンド上で今度炎上したらアンタ球団から大目玉くらうよ

と薬丸は布川に言う。

そして一緒に成功しようと。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク