扉絵は凡田と向井監督と徳永コーチ。

腕組みをしてアマがき隊がまだ使えるのか、考えている。

 


スポンサーリンク


 

7月になり、オールスターブレイク。

※ペナントレースをいったん中断するから

 

徳永コーチのブレイクは子供とキャッチボール。

向井監督は船を出して釣りを楽しむ!

夏之介は家族と家で過ごす。

 

布川は相変わらず携帯を見ている。

薬丸はテレビでオールスター中継を見て・・

 

本木は何と、オールスターに出場!!

年俸760万の本木が軒並み高額年俸の選手に交じって選ばれたのだ!

 

本木はオールスターまでに28試合登板。

19ホールド 防御率2.09

ジャガーズの内村監督の推薦で見事選出!

 

差がついてしまった布川と薬丸は中継を見ながら焦りを感じている様子。

 

7回に登板した本木。

1イニングを見事0で抑えた!

1三振。

ヒットのランナーは出したがいいピッチングだった。

 

そして8回に全パは2点を取って勝ち越し。

試合はそのまま終わって本木は勝利投手に!!


スポンサーリンク


 

本木が表彰式にも呼ばれて尚更焦る布川と薬丸。

本木、持ってる!!

 

徳永コーチと向井監督も電話で本木の活躍を喜んでいる。

 

しかし、アマがき隊だ。

 

向井監督も決して3人の差がそこまでついたわけではないと言っている。

比較した時に一番いいのが本木ということで、

布川も薬丸も一軍にいて立派な戦力になっている事は間違いない。

 

ただアマがき隊の場合、順番は完全に狂った。

布川→本木→薬丸

というわけにはいかなくなった。

薬丸のストッパーの地位も剥奪された。

 

今は勝ち試合でも負け試合でも行くところで行くバラ売り状態。

 

ここで監督はデジタルデトックスがどうだっだのかと問題提起。

監督は効果があったというが・・

携帯を返したタイミングがどうだったのかと言う。

今も3人に返さずにデジタル抜きの生活をおくらせていたらどうだったか。

野球に対する集中力がもっと上がって、前半戦の成績はもっと良かったかも・・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク