沢渡にトップの座を明け渡したベッケンバウアーの心中は穏やかでなかった。

 


スポンサーリンク


 

自分を本気にさせたことは評価してやるとしながらも

この屈辱は倍にして返すと心に決める。

(その位置はチープなフランス車には似合わない・・

そこはボクと・・

偉大なるポルシェの指定席だ!!)

 

 

東京赤坂のベッケンバウアーの自宅。

中継を見ていた金髪美女の姉は弟の心理面を心配する。

 

MGFに来てから初めての体験。

このまま2位でレースを終えることになれば自室に引きこもって2,3日は食事もとらなそう・・・

(わたしがついてあげないとあのコサイアクなんだもん・・

自信過剰で自己中で

コミュ力ゼロで情緒不安定・・

多分結婚は一生できないわね・・

でもね・・・

レースになれば負けないわ・・


スポンサーリンク


だってそれしかできないんですもの

こんなところでミハイルが負けるなんてありえないのよねえ・・・)

 

 

第2集団の3位グループがまもなく三国峠に差し掛かる!!

デスエリアを6台の隊列がつき進む!!

 

その6台の最後尾はカナタの86。

その前を坂本のアウディが走っている。

 

左カーブに差し掛かった瞬間!

86がアウディの右側(カーブ外側)に並んだ!!

 

(んだとォ!?)

驚く坂本。

 

カナタは86をアウディすれすれに寄せながらさらに加速!!

86が邪魔で坂本はアクセルが踏めない!!

 

次の右カーブ、86はそのスピードのままコーナーに差し掛かる。

 

坂本
(いくら何でも突っ込みすぎだ・・

バカめ。

それじゃ曲がらないぜ。)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク