月島の速攻はアウト!

星海オンステージからの、これぞ鴎台といった感じの組織的ブロックだった。

月島が咄嗟に避けてしまったのも仕方ないと解説者が言う。

 


スポンサーリンク


 

月島は自分が影山に 逃げんなよ

といったことを思い出し、自分が情けなくなる。

 

TO中、烏養コーチは

ブロックがよく見えるように全体的に攻撃をもうちょっとネットから離してて行こうと話す。

 

昼神は何かに気づいたようで、星海に話しかける。

 

TOが終わり、白馬のサーブ(3回目)

月島がレシーブ。

月島は足が重くなってきていると感じる。

 

田中が決めた。

 

烏養コーチは月島の体力が限界に近付きつつあることに気づいていた。

 

試合は進み、

烏野 8-11 鴎台

 

西谷と交代した月島がベンチに戻って来た。

月島は自分の体力はまだ大丈夫だと烏養コーチに話す。


スポンサーリンク


コーチはベンチに座って少しでも休めと言う。

 

烏野 9-11 鴎台

追いかける烏野としては何とか連続得点(ブレイク)したい。

 

部室で中継を見ている国見と金田一。

金田一
「日向なんかやれ・・!」

国見
「お前いつもアバウトだな。」

 

澤村のサーブ。

星海を狙う。

きれいに上げて、昼神がスパイク!

 

西谷がナイスレシーブ!

烏野チャンス!

 

烏野はシンクロ攻撃。

日向も紛れながらも跳ぶ準備をする。

 

さっきのTOで昼神が星海に話したのは・・

日向のハイジャンプは両足踏切でないと使えないのではないかという事。

 

星海は同意。

両足でしっかり踏み込んでこそのジャンプ。

 

昼神
「じゃあ多分だけど

片足踏切で体重が流れがちなブロードではあのジャンプは使えない。

適度にビビっていこう。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク