薬師 0-1 市大三高

3回裏、市大三の攻撃。

真田はバットを短く持った先頭打者千丸を内野ゴロに打ち取った。

  


スポンサーリンク


 

続く2番森もバットを短く持って内角のシュートを強打!

良い当たりだったがサード轟のファインプレーでツーアウト。

 

雷市は真田に対して元気にピースサイン。

雷市が三振を引きずっていないようで真田は安心する。

 

そしてここからはクリーンアップ。

真田は気合が入る。

 

3番宮川もバットを短く持って打席に入る。

 

この徹底ぶりに真田は

強豪に謙虚になられるのが一番怖いと感じる。

 

真田は初球を左打者宮川の胸元ギリギリにシュートを投げ込む。

ボールが体めがけてくるので思わずのけぞる宮川。

 

真田
(分かってるさ、荒っぽいのは。

けど・・これが俺たち

エリート校に噛み付き続ける永遠のチャレンジャーだ。)

 

宮川はファールの後、2球続けて低めを空振りで三振!!

 


スポンサーリンク


真田は上位打線を3人で片付ける完璧なリリーフ!

 

身震いする轟監督。

(これほどまでに監督の狙い・・

願望を体現してくれるエースが他にいるか?)

 

雷市の三振でちょっと嫌なムードになっていた薬師ベンチに明るさが戻って来た!

 

三高の田原監督も親指を立て、

「グレイト。」

と、真田の好投を讃える。

 

天久が

「面白くなってきたじゃん。」

と言うと、星田が追加点待ってろと応える。

 

轟監督

(そうだ・・

センバツに出ようが

ベスト4に入ろうが

今は関係ねえ。

今日勝たなきゃ意味がねえ。)

 

真田はがセンター前ヒットを放つ。

インコースの厳しめの球だったのだが。

 

投打において真田がチームを引っ張る!

監督がここで黙っているわけにはいかない。

スライダーには後半目が慣れてくるから思い切り振っていけと指示を出す。

「打席はてめえらのもんだ!!

てめえらで輝いて来い!!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク