全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 対 桜高

前半20分くらい

0-0

 


スポンサーリンク


 

ゴール前、大柴が水樹を如月にぶつけてマークを剥がした!

ボールを持った大柴は前を向く!

大柴が抜け出た

再び大柴対如月だが如月は後ろ向き!

これはディフェンスが圧倒的に不利!!

 

大柴対如月の攻防だが・・

如月は後手に回る。

やはりあの体勢では厳しい。

 

大柴は如月を振り切ってシュート体勢に入る。

しかしその時!

如月の左足がボールに届いた!!

 

大柴
(な・・に)

 

如月が再びシュートブロック!!

こぼれ球を水樹が拾う。

聖蹟のチャンスが続く!

 

サッカーの神様に見られているとあって水樹が頑張る!


スポンサーリンク


密集地帯にドリブルで切り込む!

細かいタッチ!

 

桜高のディフェンスを4枚剥がしてシュートを打とうとすると・・

キーバー近藤が出てきた!

 

水樹は構わずぶっ放す!

 

水樹の殺人的に強力なシュートを近藤は至近距離で胸でキャッチ!

 

近藤
「震えたぜ 水樹寿人。」

 

会場がどよめく。

普通ならあばらが折れる。

中野が砂山に

「出来ます?」

と聞く。

 

砂山
「やってみないことには・・」

 

加藤
「驚き桃の木ぃ」

 

千手は素質で言うならあれくらいできて当然だと言う。

「だが あの場面で前に出れたことは褒めてもいい。」

 

如月と近藤がいる桜高の守備は固い。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク