白熱の投手戦を繰り広げる薬師対市大三高の試合。

スコアは

薬師 0-1 市大三高

6回表、薬師の攻撃。

 

 


スポンサーリンク


 

雷市と天久の3回目の対決!

 

雷市は良い当たりを見せているものの全部ファール。

雷市が待つのは天久の新球(スライ)。

 

雷市
(あの球で来いーーー)

 

来た!

確実に見極めて、雷市はフルスイング!

しかしボールの上っ面を叩いて内野ゴロに。

 

今回も天久に軍配が上がった。

雷市も監督も歯ぎしり・・

 

観客が

なんだ、あの小さいスライダーみたいなの

と呟く。

 

奥村は渡辺と高島に

「ツーシームジャイロ・・

かもしれません。」

と言う。

 

ツーシームジャイロとは、いわゆるスラッターとか、スラットと言われるヤツ。

メジャーリーグやプロ野球でトレンドになっている変化球。

スピードがあり、縦のカットとも呼ばれるボール。

ストレートに近い速球で曲がりも少ないのでストライクゾーンで勝負できる。

そこにカーブやスライダーを組み合わせることでバッターはますます的を絞れなくなる。

 

天久は真田も新球で空振り三振に取る。

6回表早くもツーアウト!


スポンサーリンク


 

奥村は、

沢村が天久と情報交換しているようなので

詳しい話は沢村から聞けるだろうと二人に話す。

 

珍しい組み合わせに驚く二人。

 

6回裏市大三の攻撃。

マウンド上には変わらず真田。

 

3番宮川がライト線へツーベースを放ち、

現在ツーアウトランナー2塁でバッターボックスには4番星田。

 

星田は内角高めの球をファール(打球は後方へ)

星田は顔の前にバットを立てて

「うん、見えてる。

次は必ず・・」

と小声でつぶやく。

 

キャッチャーの秋葉は星田がバットに話しかけてるのかと思って少し驚く。

 

真田
(しぶといんだよな。

追い込んでからも)

 

星田、集中したいい表情と構え。

 

秋葉のサインは・・

(内と外でストレートを続けたので

ここはツーシームでゴロを打たせて仕留めましょう)

 

真田は頷く。

 

真田がモーションに入り、星田がバックスイングをとる。

星田
(約束しているんだ・・

光聖に追加点を・・)

 

真田のツーシームを星田がフルスイング!

ややつまった打球は一・二塁間を抜けた!!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク