全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 対 桜高

前半15分を過ぎたところ

0-0

 


スポンサーリンク


 

サイドを割りそうなボールをつくしは追うが・・

結局間に合わず。

追わないように声をかけた灰原につくしが謝る。

灰原はつくしの気迫に免じて許す!

「次は取れよ。」

 

客席はつくしのプレーに感心するものと無駄走りというものに別れる。

 

応援も盛り上がり、スタンドは聖蹟コールが響き渡る。

 

亀山は大袈裟だと舌打ちし、鳥飼はみんな騙されてると独り言。

ただ派手にスッ転んだだけ。

(厄介な野郎だ、柄本つくし。)

 

犬童は鳥飼の肩にあごを乗せて

「ああいう奴がいるからサッカーは面白い。」

 

ボールを持っている鳥飼に流れを引き戻すからとボールを要求。

ボールを持った犬童だが、位置的には低い。

 

パスコースを呼んだつくしがチェックに行く!

しかし軽くあしらわれてひっくり返ってしまう。

 

ディフェンスはこうやるんだと言い、大柴がチェックに行くが股下を通されて抜かれてしまう。

 

次は君下


スポンサーリンク


無暗に飛び込まずに犬童の様子をうかがう。

 

犬童は首を上げてチラッと鳥飼を見る。

パスを警戒した君下の一瞬のスキを突いて犬童はドリブルで抜く!

 

今度は鈴木と佐藤で向かう!

犬童は二人の上を越えてゴール前の猫谷にループパス!

 

しかしこれは前に出て来ていた猪原がパンチングでクリア!!

 

しかしここも犬童が拾う!!

反応が速い!

 

犬童には鈴木が喰らいつく!

が、スルーパス!

ドンピシャで亀山へ!!

 

前に出ている猪原は戻れない!

亀山が無人のゴールへシュート!!

 

猪原がちょっとだけ触った!?

 

ボールはクロスバー!!

入ってない!

高くバウンドした球を新渡戸がクリア!!

 

決めろよ!

と鳥飼はf亀山を責めるが、犬童はあのタイミングで走り込めるのは亀だけだと思っている。

皆がどんどん上手くなっていくのが犬童は嬉しいのだ。

成神を追いかけてきた桜高サッカー部だったが、今は成神なしでも本当に強くなったことに感慨深げな犬童。

(桜高でサッカーをするのは、やっぱ面白れぇ!!)

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク